読書日記−特別編−

失われた時を求めて−月曜瓦版回顧録−

第9夜

どーも、こうしたものは機会を逃してしまうと書けなくなってしまう……
と言うのは単なる言い訳。御待たせ致しました。回顧録再開です。
「瓦版過去ログインデックス」のほうを見てもらうと判ると思うんですが、
時折「ポコッ」と浮き出た回がありますよねぇ……特集号とか……
そうしたものの一つに
2000年12月11日付けのものがあるんです。

この週は、「維新」の前兆を伝えるかのような相次ぐ黒船来航の時期
でもありました。

はなざかりの館のマドモワゼル・プリマヴェーラさまが、長かった沈黙
を破って”映画感想専門BBS”の「
サムシング・エロス」を作ったり、
くろねこ御嬢様の
Paradaise Cinema,Paradise Bookが怒涛の更新
を行なったりとありますねぇ……(懐)
前週には、ADU御嬢様様の
FIFTEEN HOURSのFallen Leavesの『クレ
イドル・ウィル・ロック』の大絵巻も凄まじかったです。これは『海の上
のピアニスト』のニューヨーク市史と大西洋客船航海史以来の快挙
でございました。

さて、前回書いたオフレポに真っ先に反応を寄越したのは、
DAY-FO
R-NIGHT
の夫馬さまでした。

ヤマさまの
間借り人の映画日誌のほうにも、8月に掲示板である
間借り人の部屋に、ようこそを設置されておりましたので、夫馬さま
がここに表敬訪問をされ……ヤマさまが夫馬さまの
ゲストブック
書き込まれるという交流を行われております。そして、夫馬さまは、
ひそかにみのり御嬢様の
楽園計画を表敬訪問され、同時期にネット
界の石山本願寺の
少年トッパのトッパさまも、楽園計画を御訪問と
水面下で動きは確実に進んでいったのです。

夫馬さまは、ヤマさまの要請により
『ザ・ディレクター・[市民ケーン]
の真実』
がアップされることになり、さらに……激動の幕末に相応しく、
かのこ御嬢様の
cubby holeでは、あんの師匠の『ペパーミント・キャ
ンデー』について血を吐くような書き込みが
深夜掲示板にて行われ、
常連のみなさまを驚愕させると言う一幕も御座いました。

そんなとき……遂に「大政奉還」というべき動きがあったのです!
「映画の21世紀」がそうでして元来の「SF者」であった夫馬さまが
初心に戻って行なった企画。

そして、
次週には……夫馬さまのDAY-FOR-NIGHT&ADU御嬢様の
FIFTEEN HOURS&ヤマさまの間借り人の映画日誌が遂に結び付い
たのですねぇ……

 

次に行く→

インデックスに戻る

玄関に戻る

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー