読書日記−特別編−

失われた時を求めて−月曜瓦版回顧録−

第10夜

前回では、”維新”へ向かう動きを書きましたが、これと前後して
もう一つの動きがあったのです。

20世紀も押し詰まった12月23日、遂に『ゴッズ・アンド・モンスター』
が上映され、初日に
Nice To Meet Youのナイスガイ☆エディさまが、初日
オフを開催されました。
オフレポのほうも掲載されたのですが、特筆すべきは「日本猫舌の会」会長の
とかげ王さまが大阪より遠征されたことでしょう。
菜穂美の映画の小部屋の菜穂美御嬢様も、時間が許す限り劇場に赴くことに
なりました。東京での上映は2月2日迄続くことになります。

前世紀最後の瓦版を見ると……現行の体制が既に確立されたことを伺い知る
ことが出来て興味深いものがあります。

今世紀最初の瓦版を読み返してみて、ちょっと……ゾッとしたことがあります。

>>西の大伽藍30000ヒットを迎えた
少年トッパでは、全盛期の石山本願寺
>>を思わせるオフ甲斐の挨拶を為さった方々で足の踏み場が無いほど……門を
>>開けると我先に……と言うことで
圧死者が出たほどの勢いがあります。

と……この一節なんですよ。今年の8月を迎えるまでは何でもなくて、これを
書いた時点で頭にあったのは、そう言えば……似たケースは昭和30年代にも
起きたよなぁ……でした。予言とは言いませんが、前兆みたいなものはあった
のかも知れません。

そして、新年を迎えて、かのこ御嬢様の
cubby holeは、菜穂美御嬢様の菜穂美
の映画の小部屋
とヤマさまの間借り人の映画日誌と縁戚を樹立されると言う、
慶事が続きます。

そして……松が取れた頃、
Cross of Ironの総帥、bouzeさまが電撃結婚をされ
並居る古参兵のみなさまから祝福を受けられます。

驚愕したと言えば、北海道の舞姫のKatze☆御嬢様が
風のフィールド
ダンス映画部屋を設立し、縁戚樹立と相成ったのも懐かしい思い出。

そして……1月に入ってから
夫馬御殿は、明治期に突入していくのであります。
特に
1月22日の瓦版は、その模様をこと細かく書きいれており、今読んでも
面白い内容です。

次回は、「月曜瓦版冬の陣」とその波及について……となります。

 

次に行く→

インデックスに戻る

玄関に戻る

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー