『ネットワーク社会』を読む(第2回)

初回から禁断の内容を振ってしまいましたが、アクセス数はお金と同じ
で無いよりは有ったほうが嬉しいもの。

今はどうか知らないけれども、一時期日本有数のアクセス数を誇った
個人サイトの主が次のような法則を立てておられます。

1.更新がマメなこと
2.内容が奥深いこと
3.信頼できる内容である
4.画像に頼らず、あくまで画像はアクセントとして使用している

と………この4ヶ条を踏まえて、最近思うことがありましてそれを書いて
おきます。

5.データーとして処理しやすい方式で作られている
6.悪く言えばマンネリ。良く言えば管理人の行うことに揺らぎが少ない

5は、信頼出来る内容であるという裏付けがあるんでしょうが………
「一見さん」目当てにやっている感じがしてどうも個人的に馴染めない
んですね。(^^;;

6が誤解招きそうな書き方を致しましたが、自分のように揺らぎが多い
と常連さんが離れてしまう気がするんです。

「マンネリ」と書きましたが、「定食屋」みたいなもので、ここの名物は
コレって感じで売り出したほうが効率的では無いかと………

と………書いているんですが、わかっちゃいるけどやれないんですねぇ
これが(^^)/~

次に行く→

インデックスに戻る

玄関に戻る

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー