毒書日記2005年度版その5

2005年5月22日(日)

日記も4日ぶりの記載となります。何だかこの二日間はトラブル続きで、
今日は最悪の一日(--;)

それでも、昨日は元彼とその現在の相方と3人にて、新宿にて『鳩の翼』
的な会食。そんなこんなで結構呑んでいたので、睡眠薬を飲むのは危険
と判断し、昨日は服用せずに床に就く……。眠れることは眠れたんですが
睡眠が浅いなぁ……(--;)と判ってしまうんですねぇ。
日が違っていたら、また書くネタもあるんでしょうが、トラブル続き
だったんでちょっと疲れた日曜日。今週はこれで御仕舞(^^)/~

2005年5月18日(水)今日は休日

皆様、お今晩は。今日は休日でしたが実に多忙な一日でした。『パッション』
の感想に向かうも中々書きあがらず、診療予約時間が来たので精神科の元へ。
会社の事等を愚痴りつつ、何時も通りの処方箋。一度帰宅し、すぐさま
東京
国立近代美術館
にて開催されている『ゴッホ展』に行くため地下鉄へ。
東西線ならば、
東京国立近代美術館がある竹橋迄一本なのですが、敢えて大手町
で降り、
宮内庁皇居東御苑の大手門から入り、園内散策……そして平川門から
出ると
毎日新聞社前……なのですが、ここでイヤーなものを見てしまったの
です。溢れる人、人、人……何なんだこの人だかりは……予感は的中!何と
100分待ちでやっと入館出来る程の混雑。
そんな混雑の中観ても意味が無いので、
皇居東御苑の御濠沿いを散策して
いるとジョギングに励む方……所謂スジ筋体型の方が多かったですが、中に
はオオッと振り返る程の上玉も居て眼の保養。眼の保養。
気象庁……そして東京都消防庁とマニヤ心を擽るビルの前を通り、大手町へ。
ここで遅めの昼食を取る。

その後、大手町駅から歩いて東京駅へ。目指す先は上野。
国立西洋美術館にて
開催の
『ジョルジュ・ラ・トゥール展』鑑賞の為である。
値段も1100円と良心的で(・∀・)イイ!!
入ってみると、実に誠実な展示方法をしていて益々高感度アップ!!

しかも、所蔵先を見てまたまたぶっ飛びました。まず貸し出しを行わない
二つがあったからなのです。一つ目は英国王室コレクションの『手紙を読む
聖ヒエロニムス』とニューヨークの
フリック・コレクションの『聖母の
教育』でして眼を疑いましたです。
フリック・コレクションについて若干の説明をしますと、鉄鋼王フリックが
自分の趣味だけで集めた「超一流」のものしかないコレクションでして、夫人
の死後、ニューヨーク5番街にある彼の私邸が当時そのままで展示されている
と言う曰く付きの場所。そうした背景を持つ私立美術館ですから、アメリカ
本国ならまだしも、日本に貸し出しをする事は異例中の異例!!
これだけで1100円のモトは取れました。\(^o^)/
主催者が語るように、もうこれだけの展覧会が開催されることは、日本では
もう無いでしょう。絵そのものについての感想は明日の日記で書く予定。

上野にて鑑賞後、日比谷線に乗って東銀座へ。東劇にて公開中の『バタフラ
イ・エフェクト』を鑑賞する為です。大河サスペンス浪漫とでも申しましょ
うか?21年の歳月を経ての「儚い出会い」には、こうなるしかないんだ
と思いつつ余韻を残す映画です。今年は、『コントロール』にしても、
『バッド・エデュケーション』にしても、サスペンスを主体にしながらも、
それだけでは無い何かがある優れた作品が多いですねぇ。特に東銀座地区
からは今後目が離せそうにありません。(^^;

映画鑑賞後、クリーニング品を引き取る為に、大急ぎで帰宅。そしてその
ジムにて胸のトレーニング。今日は大忙しの一日でありました(^^)/~

2005年5月17日(火)

皆様、お今晩は。今週もやって参りました。『最終警告!たけしの本当は
怖い家庭の医学』
ですが……事前予想は、
>>『本当は怖い食欲〜恐怖のスパイラル〜』
>>膵臓の異常に因る低血糖がもたらした症状だと予想しています。
>>病名は【膵嚢胞】(すいのうほう)かな……と。


と思っていたのですが、再現VTRの症状で「活動的になり、疲れやすい」
そして眼球を大きく映し出したので、病名変更!
病名【パセドウ氏病】
何とか正解(^^ゞ
『橋本病』の場合、甲状腺ホルモンの減少に因るものなのですが、今回は
逆パターン。活動しすぎて心臓に負担が掛かり……と言うケース。

>>『本当は怖い生理不順〜Wの悲劇〜』
>>子宮では無く卵巣の病と診た!……(^^ゞ
>>病名は【卵巣腫瘍】→【茎捻転】


これは外しました……病名【膣癌】に変更したのですが
【乳癌】と【子宮
体癌】のWパンチ


ですが……来週の『本当は怖い空腹感』これは間違いなく
病名【糖尿病
です。合併症として飛蚊症→網膜剥離と言うパターンですねぇ(断言!)
もう一つの夜になると足が痒くなると言う症状……血管の病気でしょうか?
それとも肝臓か?

2005年5月16日(月)

皆様、お今晩は。二年間の昏睡状態から覚めて当家を復活させてから、
今日で丁度、2ヶ月目です。最初はどうなるかなぁ……とドキドキして
居りましたが、最近ボチボチと昔の方も戻ってきて下さる様になり安堵
のひととき。仕事面では、次から次に押し寄せる無理難題に青色吐息。
数少ない安らぎの場が、数ヶ月前までは「一ヶ月間開けていなかった
冷蔵庫の中」を覗くような重苦しさに包まれた場所だったとは、当時は
予想して居なかった事です。
昨日の日記で書きそびれましたが、遂に『パッション』を観ました。
これについては、書きたいことが沢山ありますが、この映画はイエス
の眼から観たら面白くとも何とも無い映画でして、脇の脇が光る稀有
な作品でありました。
明日は、恒例の「
最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学
女性が気をつけるべき病気スペシャルだそうな……

自分の予想

『本当は怖い食欲〜恐怖のスパイラル〜』

膵臓の異常に因る低血糖がもたらした症状だと予想しています。
病名は【膵嚢胞】(すいのうほう)かな……と。

『本当は怖い生理不順〜Wの悲劇〜』

子宮では無く卵巣の病と診た!……(^^ゞ
病名は【卵巣腫瘍】→【茎捻転】

予想が当っているかどうかは、明日の午後8時に明らかに為ります……(^^;

 

インデックスに戻る

玄関に戻る

 

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー