毒書日記2006年度日記その15

2006年4月16日(日)【トレ】昨日・今日のトレ報告

皆様、お今晩は。映画の感想とか本の感想でしたら、実際に観たり、
読んだ日とアップする日が異なっていても違和感が無いものなんで
すが、殊トレーニング日記に関しては、やっていない日にアップす
るのは凄く抵抗があるものなんですねぇ。

と……言う事で昨日は
ゴールドジム行徳千葉にて胸と背中……今日
は、脚では無く、肩と上腕二頭筋、腹部と二日に分けて上半身を鍛
えて参りました。脚なんですが、あともう一日休みがあればやって
いたんですが、かなり頻度的にはこなしているんで、今回はお休み
しても良いかなぁ?と勝手に思った次第なんです。

鏡で自分の上半身を見るも……まだまだマッチョへの道は遠いので
ありました(涙)

2006年4月16日(日)藤田嗣治展

昨日ですが、東京近代美術館にて開催中の藤田嗣治展に行って参
りました。東京展の後は、京都、広島と巡回する予定らしいです。

生誕120周年を記念して行われた今回の回顧展ですが、一人の
画家の足跡を追う上で非常に興味深いものがあります。今回は
エコール・ド・パリ時代、中南米そして日本、最後に再びパリに
戻ると言う足跡を辿ったものなんですけれども、フジタと言えば
何と言っても「白」が有名でして、独自の乳白色……当時巴里中
の美術愛好者を驚愕せしめたと言う「白」ですが、自分的には
「白」を引き立たせていたもの、それは「線描」だったと思う
んですね。彼が日本画にて用いる先が細い面相筆を用いていたと
言うのも知られている事実ですけれども、やはり今回展示された
作品を見渡すと「日本画」からの影響が随分と見られるのが印象
的であります。晩年描いた『黙示録』(パリ市立近代美術館蔵)
はデューラーと言うよりも、鬼の描写等に「地獄草子」を彷彿と
させる表現が見られて興味深かったです。

そして、彼を語る上でもう一つ外せないのが「戦争画」への参画
なんですが、今回展示された5作品……殊に『アッツ島玉砕』、
『サイパン島同胞臣節を全うす』、『血戦ガタルカナル』……
この3点は「想像」で描いたものらしいのですが、物凄いリアリ
ティがあって、良くもまぁ軍部が許可したものだと逆に感心する
位なんですねぇ(笑)
余りに陰惨過ぎて、どこからどう観ても「戦意高揚画」とは為っ
ていないのが凄いところ(^^;

話はずれるんですが、封印されてきた「戦意高揚画」なんですが、
ドラクロアの『民衆を導く自由の女神』だって、戦意高揚画と言
えばそうなる訳でして、片や「国宝」扱い。片や倉庫の隅に眠っ
ていたのでは悲しい事。
大東亜戦争の歴史的認識は、一先ず此方に置いておいて封印され
ていた「戦争美術」に現在の視線を合わせ検証する必要もあるの
では無いか?と生意気にも思った次第です。

この展覧会……東京では5月21日迄。京都では5月30日〜
7月23日、広島では8月3日〜10月9日迄の開催となります。

http://www.nhk-p.co.jp/tenran/foujita/
(藤田嗣治展)

2006年4月16日(日)若冲キタ━━(゚∀゚)━━!!!!!

皆様、おはようございます。昨日皇居東御苑の中にある宮内庁三
ノ丸尚蔵館にて開催されていた「花鳥」展を鑑賞して参りました。
この展覧会……開催されている事すら知らなかったのですが、
展示室が僅か1室にも関わらず、展示内容は異常に濃い\(^o^)/

スパッと書いてしまうと伊藤若冲の『動植綵絵』全30幅を5期
に渡って全部公開なんです。

昨日観たのは『芍薬群蝶図』、『老松白鶏図』、『南天雄鶏図』
『雪中錦鶏図』、『牡丹小禽図』、『芦雁図』の6幅でして、
この公開は4月23日(日)迄。

第1期 3月25日〜4月23日迄
第2期 4月29日〜5月28日迄
第3期 6月3日〜7月2日迄
第4期 7月8日〜8月6日迄
第5期 8月12日〜9月10日迄

全て入場無料と言うところが有り難い。(入園するときに入園証
を受け取り帰りに返却するシステム)

何回観ていても思うんですが、伊藤若冲の場合、同世代の絵師に
比べても「画材」が異常に(・∀・)イイ!! のを使っているんですねぇ。
それが故に、250年過ぎた今観ても全然遜色が無いのが驚きで
あります。
全作品を観るまたと無い機会ですし、一回でも現物を目の当たり
にして頂きたいと思い筆を執った次第。

兎に角無料なんで騙されたと思って足を運んで頂ければ幸いで
御座います。

写真は『動植綵絵』の中の『群鶏図』(第4期公開)

http://www.kunaicho.go.jp/11/d11-05-06.html
(宮内庁三ノ丸尚蔵館 スケジュールその他)

2006年4月16日(日)24時間の使い方(報告編)

皆様、おはようございます。昨日の日記に「24時間の使い方」
をアップしたのですが、その報告編です。

昨日だけで日記用のネタが4つあるんで時系列別に整理すると…

09:30〜10:10 精神科にて受診待ち&受診
10:10〜10:30 行徳→新橋に移動
10:30〜11:00 新橋にて各種チケット買い求め&香水
            探索
11:00〜11:15 新橋→大手町に移動
11:15〜11:40 皇居東御苑内を散策&宮内庁三ノ丸
            尚蔵館にて「花鳥」展鑑賞
11:40→12:15 東京国立近代美術館にて「藤田嗣治展」
            を鑑賞。
12:15→13:30 竹橋→新宿に移動(含む昼食)
13:50→16:00 新宿シネマミラノにて『大統領のカウン
            トダウン』を鑑賞
16:00→17:00 新宿→南行徳の自宅迄戻り
17:00→18:00 自宅にて休息
18:00→20:40 ゴールドジム行徳千葉にてトレーニング
21:05→23:30 ワーナーマイカルシネマズ市川妙典にて
            『プロデューサーズ』鑑賞

ふう……書き出すだけで一苦労(笑)
楽しいことも善玉ストレスですが、こうしたストレスが原因にな
って心臓に負担が掛かっても後悔はしません。悪玉ストレスが原因
で倒れてしまったら泣くに泣けませんが……。
そんな事で次の日記から順次書いていく事に致しましょう。

2005年4月15日(土)24時間の使い方

皆様、おはようございます。かなり朝からへばっております。
昨日帰宅出来たのが0時過ぎ……皆様から頂いた有り難い
レスにも御返事せずにこれを書いているんですが、今日、明日
と二日続けてトレを含めてかなりのプライベート案件を片付け
なくてはなぁ……と考えているからなんです。

・美術展
「プラド美術館展」(東京都美術館)
「藤田嗣治展」(東京国立近代美術館)

・映画
『クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ踊れ!アミーゴ!』
『プロデューサーズ』

と……書くと、それならば一日に一つづつ計2つ片付ければ
(・∀・)イイ!! んじゃないの?と思われる方も多いと思いますが、
今日、明日と土日でして「激混み」の可能性もあるし……
トレをどの時点で入れるべきか?も悩ましいところ。

確定しているのは、午前10時30分から行徳にて精神科の
受診を受けることなんですが、先週から鬱とストレスが溜まり
捲くっており、薬の処方を色々替えてもらうかも知れません(--;)

2006年4月13日(木)イン・マイ・シューズ

実際に自分と会ったことのある人ならば気が付いているかも
知れないのですが、「腕時計」と「靴」にはトコトン無頓着
なんです。

腕時計の場合、3000円以上出して買った事がありません。
ブルガリとか……カルティエ等になりますと1本数百万単位
のものもあるんでしょうが、そんな金があれば男を囲ってい
ます(爆)デジタル式のもので無いと、暗いところで時間を
確認するときに苦労するでしょ?

もう一つの「靴」に関しては、趣味や嗜好以前の問題があり
まして「サイズが大きすぎるので選べない」と言う非常に現
実的な問題があるんですよ。

そんな訳で底が擦り抜ける程に履き潰すのが自分の流儀なん
ですが、本日遂に寿命が来て仕舞い購入した次第。

3足で15000円也。何故3足かと言えば2足目は半額セ
ールと言う言葉に釣られて仕舞ったのでありますが、2足は
仕事用。その内1足だけで10000円使っています。
今日潰れてしまった靴もそうなんですが、高くても丈夫な
ものは結果的に安上がりと言うことから、一足だけは「高級
品」なんですねぇ。後の2足はおまけみたいな感覚です。

2006年4月12日(水)【本】『水の翼』

小池真理子さんの『水の翼』(幻冬舎刊)を読了致しました。
その感想です。

仙台在住の木口木版画家・柚木のもとを訪れて弟子入りを志
願した青年、東吾。柚木の歳若い妻・紗江は、どこか謎めい
たこの青年に強く惹かれていく。ある日、柚木が急逝し、
東吾は詩画集『水の翼』のための木版画制作を引き継ぐこと
になる。同じ家で二人きりで過ごす紗江と東吾は、互いの想
いの強さを偽れなくなっていく……。

腰オビには『恋』、『欲望』を凌ぐ小池文学の最高傑作とあ
るんですが……これがねぇ……う〜む。何でしょうかねぇ。
何時までも落ちない線香花火を見ているような感覚とでも
申しましょうか、キレの良さが感じ取れないんですよ。
オープニングが中々秀逸なだけに、それを生かし切る事が
出来なかった無念さが残ると言うべきか……。

もう少し具体的に言うならば、まず天才版画家の柚木と紗江
の関係も冴えないし、その後釜となる東吾も何だか成り行き
で入ってしまう。あの傑作『狂王の庭』では無いんですが、
「本当の色恋」と言う感じがしないんですわ。

そして……この本が駄目だなぁ……と思ったもう一つの理由
は、「三人称」で書かれている事。他の作家は兎も角、小池
真理子さんは「一人称」で無いと傑作が生まれないんですよ。
今回もこのジンクスが破られる事はありませんでした。

2006年4月11日(火)突破口が欲しいなぁ……

皆様、お今晩は。本日より仕事再開でして……相変わらず
ストレスが溜まる一方ですねぇ。水道の蛇口をキュキュッと
明けた時の様に、まぁ……良くもこれだけ問題が出てくるも
のだと別な意味で感心する程。

今日は幸いに自分への直撃は無かったものの、ヒタヒタヒタ
と鬱な気分が満ちてくるのを感じる今日この頃。今週末精神
科に行く予定なんですが、薬の種類を変えて貰おうかなぁ……
と考える事しばし。これだけストレスが溜まると、逆に映画
館通いの方も復活しそうな予感。
ブック・オフの方に行っても手詰まり感があるし……どこか
で突破口を見つけたいものです。
本日より、小池真理子さまの『水の翼』(幻冬舎刊)を読み
始めたところ。と……言っても行きの車中は寝不足の為手が
付かず専ら帰りの車中で読むことになりそうです。

2006年4月10日(月)【トレ】マッチョ乱れ咲き(*´Д`)ハァハァ

皆様、お今晩は。昨日の日記で宣言した通り、本日は南砂町
にある
ゴールドジム・イースト東京に行って来たんですが、
月曜日の午後3時だと言うのに……いや、だからなのか?
物凄〜〜〜く景色が良かったんですねぇ(*^^*)ポッ(*^^*)ポッ
いやぁ……トレーニングしている客の方が、トレーナーよりも
(自分を除いて)全員がマッチョ乱れ咲き!!!!!!!!!!!!!!!
目移りするなんてレヴェルじゃないんです。身体だけでは無
く顔も(・∀・)イイ!! から余計に激萌え〜〜(*´Д`)ハァハァ
もうこんなに凄いものを見てしまったら、他には行けなくな
りそう。ホントに全員とヤリたいと思った程なんです(爆)

違った意味で(*´Д`)ハァハァ しながらトレを終了し、ロッカー
ルームで、アルマンド・イン・バジの「ブルー」を付けてい
たら「香水つけているの?」とマッチョなお兄さんから声を
掛けられ非常に嬉しかったですねぇ。やはり反応が無いと
寂しいのよ……

トレ終了後、葛西のブックオフにてシンシア・ソールツマン
著『ゴッホ「医師ガシェの肖像」の流転』(文春文庫)を
購入。

2006年4月10日(月)【本】『禁煙マラソン』

皆様、お今晩は。先日、ランナー→江口まゆみ、医師→高橋
裕子共著の『禁煙マラソン』(知恵の森文庫)を読了致しま
した。

第一部が1997年に発足した「禁煙マラソン」第1回の記
録と第二部が実際に禁煙する人の為のマニュアルになってい
るのですけれども、読んでいて圧倒的に面白いのが第1部の
78日間耐久禁煙マラソンの記録!
総勢900人の参加者からなる第1回の記録だけありまして、
参加者がどうして良いのか右往左往する様が出てきたり、ニ
コチンスキー大尉の逆襲が始まったり……途中で転んだ人が
出てきたり……と通信上でのやりとりの面白さが充満した内
容となっており、更に厳選しただけあって、登場してくる人
がキャラが立っていて(・∀・)イイ!!

自分もそうだから判るんですが、喫煙中は間違っても「禁煙」
云々の本には手を出さないもの。そうなんです。ワザワザ吸
っていて気分を害するものを読む馬鹿は居りません。

ですが、この『禁煙マラソン』に関しては、ネット上の事件
簿として煙草をふかしながらでも、或いは最初から非喫煙者
の方でも十分に楽しめる内容となっております。

と……書きつつ、現在進行形で禁煙中一番参考になったのは
『5日できっぱりタバコをやめる本』(カッパブックス 林
高春先生著)だったりするんですが……(^^;

現在も
禁煙マラソンは継続中……興味がある方はアクセスさ
れては如何でしょうか?

http://kinen-marathon.jp/
(禁煙マラソン公式HP)

2006年4月10日(月)【香水】昨日買った3本

皆様、おはようございます。本来であれば昨日書くべき内容
でありますが、どうも気が乗らなかったんで今日の書き出し
に使わせて頂きます。

と……申しても、タイトル通り香水を3本購入しただけの
話なんですが(w

新宿「キムラヤ」で買ったのが、この二本。

・ジャンヌ・アルテスの「J・S」
https://www.kosui2han.net/product/detail/code1/JA023

・MCMの「ベリーMC」
https://www.kosui2han.net/product/detail/code1/MC001

行徳の「ドンキホーテ」で買ったのが……

・ジャンヌ・アルテスの「ロッキーマン・ブルー」
https://www.kosui2han.net/product/detail/code1/JA0044

結論から言えば、3品とも、まあ……こんなものかなぁ?
と言う香り。そうそう新しいものと巡り合えないことは判
っているんですが……(^^;

インデックスに戻る

玄関に戻る

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー