毒書日記2006年度日記その28

2006年7月16日(日)【18禁&トレ】男ざかり(^^;

皆様、お今晩は。本日これからアップする内容は、同性愛
的表現を多大に含んだ未成年者には極めて相応しく無い内
容ですし、同性愛者の方が読まれても嫌悪感を持たれる方
が居られるかもしれません。




















本日、午前5時に起床したのは睡眠薬が上手く効いて居な
かったせいもあるんですが、目に見えない「体内時計」が
作動して午前5時に起床させたのかも知れません。その1
時間後、午前6時には新宿○4会館に居りました。(^^;
3連休の土曜の夜と言うこともあって、玄関には「個室&
ロッカー全て満室」と言う満員御礼の札が!
長年逝ってきているけど、個室は兎も角ロッカーが全部
埋まっているなんて見た事がなかったんでビックリ仰天。
しばらく下で待っていると、折り良く出て来た方が居られ
たので、その方のロッカーを使わせて頂く事で中に入り
ました。入ってみたら……やはり足の踏み場も無いとは
良く言ったもので、うっかり歩くと人様を踏んづけてしま
う難民キャンプ状態。今日はすこぶる良い出来栄えでして
午前9時迄の間に5人!顔が良い、身体が良い、そして
あそこも堅くて太くて長い!と言う「松」クラスばかり
の絶好調状態\(^o^)/久々に「やりまくり」と言う感覚
でして、こちらもケツを掘られ放しだったんで前立腺が
射○直後の様にズキズキと痛むような感覚。場所があれば
もう一人マッチョな黒人さんと出来たのに……(--;)と些
か残念。その後疲れたんで12時前迄ノンビリと過ごし、
12時に新宿2○会館を後にしたのでありました。(^^)/~

その後、九段下で乗り換えて南砂町にある
ゴールドジム・
イースト東京
にて脚のトレーニング。トレをする前に栄養
補給と言うことでウェイトゲインをゴクリと一杯。
入る前までは閑散とした印象でしたが、イザ入ってみると、
昨日と同じ時間帯なのに男、漢、雄……(・∀・)イイ!!
いやぁ……特に一名、ボディビルダー体型では無いんです
が、体脂肪率が一桁台らしき人の背中からフェロモンが出て
いるんですねぇ……で……前に廻って顔をチラリと見て見ると
これがまた色気がある(・∀・)イイ!! 男なんですわぁ。(*^^*)ポッ
「エロ気」だったら2○会館で散々見てきたんですが、今
日の空気は、通常の○4会館の大部屋よりもエロカッコ
(・∀・)イイ!!空気充満\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

プレイをした後のトレって力が8割位しか出ないのが普通
なんですが、今日は自己最高記録を更新\(^o^)/
やはり、(・∀・)イイ!! 男に囲まれると記録が伸びるみたい(^^;

今日も懲りずに男の裸を載せてみま〜す(*^^*)ポッ

 

2006年7月15日(土)【トレ】女ざかり(^^;

皆様、お今晩は。昨日に引き続き本日も猛暑でしたねぇ。
その猛暑の中、チチャッと地下鉄に乗って
ゴールドジム
イースト東京
に行ってきました。この猛暑のせいで新木場
にて日焼けをしているのか?(爆)はたまた3連休で家族
サービスにマッチョパパは忙しいのか?本日の御客の9割
は女性と言う驚くべき事態!
そんなことでトレのモチベーションが下がる筈も無く……
と思っていたんですが、目指せ○○○と言う風に身近で
ビルダーの方がトレーニングしていると、もうひとふん
張りしてみるか!となるんですが、これがねぇ……今日は
余り宜しく無い一日で御座いました。(^^;
トレの後は、栄養補給って事で南砂町にあるファミレスの
ガストにて「ハンバーグと目玉焼き」のランチを注文。
休みの日位食事をしっかり取っておかないと体重減に直結
しますからねぇ……。
帰宅後、ぶらぶらとネットを彷徨って、ムフフな画像整理。
差しさわりの無いものを一枚アップしておきます。

2006年7月14日(金)やはり疲れが溜まっているようで

皆様、お今晩は。今日は帰りの東西線で人身事故やら車両
故障が相次いで電車に乗っているだけでグッタリと疲れて
しまいました。座っていてこれだから、スシ詰めの車両で
立っている方はお気の毒と思いつつ……どうにもだるいん
ですわ。やはり疲れが溜まっている模様なんで、今晩の
トレは中止してサッサと寝る事に致します。
日記のネタも思いつかないし……(--;)

2006年7月13日(木)【本】『邪光』

皆様、お今晩は。本日、第3回ホラーサスペンス大賞の
「特別賞」に輝いた牧村 泉さまの『邪光』(幻冬舎刊)
を読了致しました。その感想です。

大阪に暮らす主婦、真琴は、同じマンションに殺人犯の娘
が越して来ることを知る。隣の住人となった彼女は、外之
原黎子12歳。彼女は、大量バラバラ殺人事件を起こした
宗教団体「赤光霊宝会」教祖の娘であった。まるで覚りの
化け物のごとく、察しが良すぎる黎子にとまどう真琴。そ
して、黎子を苛めた人々が奇怪な死を遂げていくが……。

「教祖の娘の人物描写に輝きがあり」と桐野夏生選考委員
が絶賛されている通り、黎子と言う12歳の少女のキャラ
クターでこの長編の屋台骨を支えており、話の展開も纏ま
っていて好感が持てます。そのまま突っ切ってくれれば、
傑作とは言えないまでも「佳作」にはなっていたんですが、
非常に惜しいことなんですが、ラストがちょっと難しい。
一言で言えば府に落ちなくて……あれこれと考えている内
に読んでいる間は気が付かなかった作品の「アラ」が目に
付きだすと言う非常に損な性質を持った一冊ですねぇ。

中々こうして見ると100点満点の本って言うのは、本当
に一握りでして残りは70点〜90点位のところを彷徨っ
ているのかなぁ……と考えてしまった一冊でした。

2006年7月12日(水)【トレ】衝撃の新仮説「ノースリーブを着てトレしている80%の男性は……」

皆様、お今晩は。今日は御昼までは暑くて、今は雨が降っ
ている変な天気でしたねぇ。別にお天気のせいって訳でも
無いんですが、今日は休日と言うのにジムに行った位で
後は何もしていない一日で御座いました。
今日何もしていなかったのは、やや疲れが溜まってきたの
と今週末が3連休なんで無駄金を使いたくないなぁ……と
思ったのもあります。新宿某所に行くとしても、金曜日か
土曜日の夜逝った方が同じ値段で全然効率の良さが違うも
のですから……(って何の話をしているんだ!?)

さて、今日はマターリと午後を過ごしていたんで気が付け
ば午後の4時!この時間から南砂町に行っても、帰りの電
車の事を考えると気が重くなるんで、大人しく
ゴールドジ
ム・行徳千葉店
に行ったのでありました。今日は肩と腕の
トレーニングをしていたのですが、昨日タックス・ノット
にてmitさまが放った衝撃の仮説……


「ノースリーブを着てトレーニングしている会員の8割は
ゲイである」

その仮説を検証すべく、周りを見渡すと、案外とノース
リーブの人って居ないものですねぇ。自分と他に2人居た
だけでしたが、確かに3人の内1人はゲイなんで外れては
居なかったりします。イケメン・トレーナーの浜中先生と
も今日は御逢い出来ましたし、結果的にはまあまあの一日
だったのでしょうねぇ……

2006年7月11日(火)【18禁】ハート・オブ・ミッドナイト

皆様、お今晩は。今日は火曜日と言うことで、mitさまがカウン
ターに入られている「タックス・ノット」にて呑み。
いやぁ……今日は激濃の話題でしたなぁ……普通だったら、映画
関係の話題ですとか、ミクシィ通信社交界の四方山話になるんで
すが、今日出た話題は、SMねたを初めとしてものの見事に18
禁モード全開 キタ━━(゚∀゚)━━!!!!!









   (本当に濃い話なんで立ち入らない方が無難です)














仮にAさんとしておくけれども、その方の話題がまた濃いんです。
黙って座っていればマッチョ好きのゲイから熱〜い視線を受けそ
うな殿方なんですが……自分が女になって、ノンケの男の尻を調教
したいと言う願望をお持ちだとか……。
ううむ……世の中ってまだまだ広いなぁ……と「性」の世界の深遠
を垣間見た気が致しましたよ。数だけでは負けていない気がします
けれども、理解が浅かったのかなぁ……(^^;
それはそうと、某男性用売り専の話題から……下手をしたら終電
を逃しそうな位のめり込みそうだったんで、後ろ髪を引かれつつ
帰って参りました。レスその他は明日起きてから付けますm(_)m

2006年7月10日(月)東京クラス別ボディビル観戦記〜その2

電車の中でつらつらと書き残したものを纏めてみました。全
て昨日の大会を観てからの感想です。

その1 「感覚麻痺」

皆様、お今晩は。昨日の疲れが未だ抜けきれていない大倉
です。 やはり、人間というものは許容量と言うものがあり
まして、 幾ら自分が筋肉フェチだとしても、10時間以上
筋肉ばかりを見続けると感覚が麻痺してくるものです。

60キロ級の選手でも、街中で通りすがりに出会ったりし
たら激萌え〜となるんですが、20人近く並んで壇上に立
たれると●番は良いけど △△番は細いなぁ……と生意気に
も思ってしまったりするんですね。

その2 「ボディビル鑑賞法」

今回、久々にプレジャッジから観戦してみたのですが、ピッ
クアップ →比較審査と言う二段階に分かれるんですよねぇ。
これが退屈だと思っていたんですが、大会の裏方をしたこと
もある 見巧者のグレイさまによれば、ピックアップで呼ば
れるのは、ボーダーラインに立っている選手であって、問題
なく通過&論外の選手は呼ばれないと言う事が判明。(^^;
一方、比較審査では最初にコールされた選手群が上位入賞と
のサインと言う事で目から鱗が落ちました。
やはり、この世界って歌舞伎と一脈通じるものがあるのかも
知れません。

その3 「敗者の贈物」

そうしてファイナル迄残った選手は、入賞としてトロフィー
と賞状を頂ける訳なんですが、予選落ちした選手になると参
加賞のTシャツ一枚だけと言う事になるんです。
何故こんな事を書くかと言えば、成田行きの各駅停車の電車
の中で 二人予選落ちの選手と一緒の車両に乗り合わせてし
まったからなんですね。此方も御二人が選手だと言う事は判
りますし、此方の方としてもゴールドジムのバッグを持っ
て、手には「お徳用プロティン」が入っている袋を下げてい
たら観戦者と言う事はお互いに判ってしまうんです(^^;
入賞していたらまだ「おめでとうございます」モードで気
まずい思いはしなくて済んだんですけれど……。

一方、優勝したとしても、現在の日本ではお世辞にも認知度
が低い競技で、観戦した事ですら何だか気恥ずかしいムード
が漂っております。
素直に喜んでくれるのは、所属しているジムの仲間と家族位
って事になるんでしょうか?
ボディビルと言う競技ですが、真面目にやるとなると本当に
御金が掛かる競技です。
ジムの会費の他に、サプリメントの費用、タンニング費用
(一回に付き1000円は掛かります)その他に日々の食事
代、パーソナル・トレーナーをつけるとしたらその費用。
そして、出場費に会場迄の交通費&宿泊費となります。認知
度が高い競技でしたら、まだ名誉と言う見返りがありますが、
選手にとっては季節とは裏腹に冬の時代が続きそうな感じで
す。

 

インデックスに戻る

玄関に戻る

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー