(闘)『300(スリー・ハンドレッド)』

紀元前480年。スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラ
ーさま(*^^*)ポッ)のもとにペルシア帝国からの遣いがやって
来た。千もの国々を征服した東方の大帝国が次なる標的に定め
たのは、スパルタをはじめとするギリシアの地。国を滅ぼされ
たくなければ、ペルシアの大王クセルクセス(ロドリゴ・サン
トロさま)に土地と水を差し出し、服従の証を立てろと使者は
言う。「服従か、死か」と問われれば、スパルタの答えは一つ。
王レオニダスがペルシアの使者を葬り去った瞬間、スパルタ
は100万の大軍を敵に回した……。100万人対300人の
絶望的な戦いが始まろうとしていた。

去年の暮れから今年に掛けてマッチョな漢(オトコ)が銀幕を
賑わしておりますが、この映画はその総決算と言うべき映画
でして、スパルタ軍の兵士全員がどこからどう集めたのか知り
たい位の超マッチョ軍団(*^^*)ポッ(*^^*)ポッ(*^^*)ポッ(*^^*)ポッ
映像がCG処理してあるんで残虐なシーンも含めて幻想的な
ので大分エロさは薄れていますが、直接的な映像表現でこの
漢たちを描いたらあまりの刺激に違った意味で18禁指定を
受けていたかも?と思わせる程なんですねぇ(*^^*)ポッ

一応物語の構成も思ったよりもしっかりとしていて、スパルタ
の王を演じたレオニダス、そしてその強い妃のゴルゴ(レナ・
ヘディー御嬢様)、議会を牛耳るセロン(ドミニク・ウェスト
さま)、唯一生き残って戦いの様子を後世に伝承する語り部の
ディリオス(デビッド・ウェナムさま)と役者は揃っているの
でありますが、一際強い存在感を示すのは奇形に生まれたが故
にスパルタ軍へ志願しながらレオニダス王に断られ、ペルシャ
王であるクセルクセスに寝返ってしまうエフィアルテス(アン
ドルー・ティアナンさま)の存在なんですねぇ。

彼は自分の両親の名誉を守る為に、志願してケンもホロロに断
られてしまうのですが、この為に彼が裏切ってスパルタ軍の生
命線と言うべき道を敵方に教えてしまうんですよねぇ。
言うなればレオニダス王にも理屈はあったんですが、そのスジ
を通し過ぎてしまった為に蟻の穴から堤崩れるではないですが
玉砕と言う結果を招いてしまった次第。

この哀れなキャラクターに感情移入する人も多いんでは無いで
しょうか?自分が誠心誠意尽くしてもそれが裏切られた時の悔
しさ。そしてそれが矛先を変えた時、何よりも怖ろしい兵器と
なるのですから……。

初代「大河浪漫を愛する会」大倉 里司
(2007年6月10日ワーナーマイカルシネマズ市川妙典にて鑑賞)

「0〜9」で、はじまる映画の感想にもどる

「さ」行で、はじまる映画の感想にもどる

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー