(虹)『ドリームガールズ』

舞台は1962年のデトロイト。エフィー(ジェニファ
ー・ハドソン御嬢様)、ローレル(アニカ・ノニ・ロー
ズ御嬢様)、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ御嬢様)の
コーラストリオは、歌で成功しようと毎夜オーディショ
ンなどに出場していた。そんな彼女たちを、カーティス
(ジェイミー・フォックス)という男が目を付けた。
かれはデトロイトで車のディラー業をしていたが、夢は
白人の手に渡ってしまったブラック・ミュージックを
黒人の手で輝かせると言う野望を持っていた。やがて、
デトロイトで抜群の人気を誇るスター、ジミー・アーリ
ー(エディー・マーフィさま)のバックコーラスを務め
ることに。そんな3人はカーティスをプロデューサー
に、ドリームガールとしてデビューを飾る。次々にヒッ
ト曲を放ち、トップスターの仲間入りを果たすが……。

先ずはじめにお断りして置かなくては為らない事なんで
すが、自分がゲイなんですけれども、ミュージカルが大
嫌いと言う、極めて異端的な存在なんですね。ミュージ
カルを観る暇があれば、戦争映画の一本でも観て涙して
いた方が自分の肌には合う。
ですが……この『ドリーム・ガールズ』は違っていまし
た。アメリカの60年代の社会史を背景にしながら、大
金を手に入れると言う手段がいつの間にか目的となって
しまい「ソウル・ミュージック」を扱いながら「魂=
ソウル」を売り渡してしまう小賢しくも哀れなプロデュ
ーサーをジェイミー・フォックスさまが名演。それと対
比するかの様に「昔ながらの歌」を頑なに守ろうとして
いる老マネージャーであるマーティ(ダニー・グローバ
ーさま)の存在が対照的。
そして「ドリーム・ガールズ」の中でも、抜群の歌唱力
を誇りながら協調性の無さでメンバーから放逐されてし
まうエフィー。映画初出演とは思えぬ存在感と圧倒的な
歌唱力で観ているものを唸らせます。
そして、その一番輝く役どころを新人に譲り、次世代
スターを育てようとしたビヨンセ・ノウルズ御嬢様と
その取り巻きはエライ!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
流石は大スターの貫禄。初出演ですからこちらも大きく
出て当たり前なんですが、一歩退いたところに「品」を
感じます。これらの出演者の熱気がビシバシと伝わって
きたのか売れっ子から時代の波に取り残されていき自滅
への道を歩んでいくエディー・マーフィさまもベストと
言って良い演技。

この映画……26日に発表されるアカデミー賞で最多8
部門でノミネートされておりますが、作品賞と監督賞
にノミネートされていないのかがホントに不思議。これは
一番オスカー像に相応しいゴージャスな映画だと思うん
ですがねぇ……。

初代「大河浪漫を愛する会」大倉 里司
2007年2月23日ワーナーマイカルシネマズ市川妙典にて鑑賞

「た」行で、はじまる映画の感想にもどる

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー