(巡)『ワン・ナイト・イン・モンコック』

@クリスマス直前でも相変わらず喧騒と暴力が渦巻く街、香港の旺角(モンニック)。
チンピラ同士のいざこざからこの街を仕切る2大組織は対立を深めていく。一方の組
織のチンピラ・ファイ(サム・リーさま)が、もう一方のボスであるティムの息子を殺
してしまい、この街の緊張度は極限に達していく。そしてティムは、ガウを抹殺する
ために中国本土から殺し屋を呼び寄せる。

Aタンタン(セシリア・チョン御嬢様)は中国・湖南省から出稼ぎに来ていた売春婦。
ビザが切れるのを契機に故郷へ帰ろうとしていたが、タチの悪いヤクザに暴行を受
け、偶然に居合わせた男に助けられる。男の名前はフー(ダニエル・ウーさま)、
実は、彼こそがティムに呼び寄せられた殺し屋だった。
フーは請け負った仕事のためにこの街へ来たのだが、本当の目的は、この街で音信が
途絶えてしまった恋人を探す事にあった……。ミウ警部(アレックス・フォン)は過去
に扱った事件の影響で、仕事に対する熱意を失い、私生活も破綻しかけていた。
ティムが殺し屋を雇ったという情報をタレコミ屋から得たミウは、抗争終結のために
大掛かりな掃討作戦を開始する。コードネームは「旺角黒夜(ワンナイト・イン・モ
ンコック)」。目的は、殺し屋フーを逮捕することであったのだが……。

ええっと@とAに分けたのには、重大な意味がありまして、実質的な本編はAの
娼婦タンタンと殺し屋(?)フーとの出会ってから1日の出来事だからなんです。
正直言って@のパートでは乗り切れず……何でこんだけ複雑にするんだ?!と悩ん
でいたら、あれまぁ……ラストで@の隠された真相が明らかになる次第。
その意味で、破綻はしていない映画ではありますが、自分にとってはこの映画、乗り
切れない映画と言うことに尽きるんです。

役者もミウ警部(アレックス・フォンさま)を初めとしてイケメン揃いなんですが、
@で挙げた暴力団の抗争云々抜きには出来なかったものなんでしょうか?どうも、
この導入部分で引っ掛ってしまって、ストレートに入りきれなかったんですねぇ。

決して悪い出来の映画と言う訳ではありません。殊に大陸農村部での貧困から、ポッ
と出の青年が犯罪に手を染めてしまう背景については、同郷の娼婦や手配師の旦那
ラム・シューさまをも含めて、実に丹念に描かれているんです。夢破れてナントカ
ですねぇ……一方、警察内部での描写も丹念に描かれてはいるんですが、やっぱり
最初で躓いてしまったものは元には戻らず。覆水盆に返らずってところでしょうか?

初代「大河浪漫を愛する会」大倉 里司
(2005年7月13日 キネカ大森にて鑑賞)

「わ」行で、はじまる映画の感想にもどる

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー