(衣)『プラダを着た悪魔』

大学を卒業しジャーナリストを目指してNYにやってきた
アンディ(アン・ハサウェイ御嬢様)。ファッションに
まるで無頓着な彼女が世界中の女性達が死ぬほど憧れる仕事
を手にしてしまった!?それは一流ファッション誌「RUN
WAY」のカリスマ編集長ミランダ・プリーストリー(メリ
ル・ストリープ姐さん)のアシスタント。しかし、それは今
迄に何人もの犠牲を出してきた恐怖のポストだった!
ミランダの要求は、悪魔的にハイレベル。朝から晩まで鳴り
続ける携帯と横暴な命令の数々……
果たして彼女の運命や如何に?

一年前だったら、ドルチェ&ガッバーナとか、バナナ・パ
ブリックと言う名前を聞いてもピンと来なかったから、突然
ファッション界の殿堂とも言うべき職場に来て仕舞ったアン
ディ嬢の気持ちはか〜なり判ります。自分も「香水」以外は
未だにファッションに関する関心はゼロに近くて、精々ジム
に着ていく時にナイキにしようか?アディダスにしようか?
と迷うレベルですから可愛いものでしょ?(^^;

この映画の見所は、大女優の貫禄十分のメリル・ストリープ
姐さんの凄みある演技ですねぇ。「仕事が出来る」その為に
自分にも厳しいし、相手にも同じレベルの要求をする。どの
会社にも一人か二人居りませんか?
ただ、命令としては公私混同は見受けられるものの(双子の
為に未刊行のハリー・ポッター7巻を入手する等)はあるん
ですが、性格はキツイですが、決して悪意だけで出来ている
訳では無いのが次第に垣間見えてくるのが、脚本家アライン
・ブロッシュ・マッケンナさまの力量ですし、中々この脚本
細かい処まで気が行き届いております。
ミランダのハイレベルな要求に応えていく内に、段々と内部
に入り、ミイラ取りがミイラになってしまう様をアン・ハサ
ウェイ御嬢様が好演。
そうして仕事に熱を入れる余り、友人は離れ、恋人からは
別離を突きつけられる……そこ迄自然に持っていくのが中々
難しいのでありますが、デヴィッド・フランケル監督は手堅
くテンポ良く小粋に纏め上げていくのですねぇ。

この映画は、観ていて面白いのでありますが、映画に示され
た数々の課題を自分の問題として受け止めるも良し、また映画
を観て面白かった!で爽快になるも良し。実に理想的な娯楽
映画のあり方と言えるのでは無いでしょうか?

初代「大河浪漫を愛する会」大倉 里司
(2006年11月18日ワーナーマイカルシネマズ市川妙典にて鑑賞)

「は」行で、はじまる映画の感想にもどる

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー