CELTIC- MUSIC -ROOM

こちらでは、ケルト圏の音楽を中心に取り上げます。

★Spiirit Of Eden『THE SUN AND THE MOON AND THE STARS』(UD53124)

ケルト音楽のアレンジは数多く為されておりますが、「御大」ドナール・ラニー

が参加している貴重な一枚。中でも、6曲目の『The Dreaming』の「静」から

7曲目の『Fionnghuana』の「動」の合唱への移行は痺れるばかり。

9曲目は、Enyaの『Orinoco Flow』のMIXが有り、中々良い一枚です。(^^)

(輸入盤 ¥2300位)

★Forest For The Trees『FOREST FOR THE TREES』(MVCA24004)

これが、94年の音なの?と驚愕すること請け合いの一枚。

純粋なケルト音楽では無く、「ロック」の枠に入れられておりましたが。(^^ゞ

一曲目はヒット曲『Dream』が収められておりますが、これを試聴コーナー

で聴いたときは、マジで鳥肌が立ちました。

微かに聞こえてくるバグパイプの音、それに重なる波の音(此処までだった

ら驚かないですよ)、それに印度のシタールの音が加わり、更にはヒップ

ホップ迄が入るなんて曲は今迄聴いたことがありません。

(国内盤 ¥2541 税込み)

★Dao Dezi『DAO DEZI WORLD MIX ALUBUM』(TOCP8562)

Deep Forestの結成者エリック・ムーケとギラン・ジョンシュレの二人

が中心となって結成されたユニット。

やけに、装飾過多でダンサンブルな音だなぁと思っていて、試しに

飲み屋で知り合ったブルゴーニュ・ケルト人の末裔の飲み助に聴

かせた所、「母が良く歌っていたんです」と聞かされ、意外にも正統的

な作り方だったのねと感心した次第。m(_ _)m

それにしても、これは踊れるわぁ。\(^○^)/

(国内盤 ¥2500 税込み)

★Davy Spillane『A PLACE AMONG THE STONES』(ESCA6214)

これは、落ち込んだ時に聴くと心が休まる一枚です。

現代の最高峰に位置するイーリアン・パイプ奏者デイヴィ・スピラーン

が贈る音の花束。激しくもあり、慰めてもくれると言う貴重な一枚。

そして、最後には、何とかしてみようと思ったりもして……(^^;;

(国内盤 ¥2300 税込み)

音楽の部屋入り口迄戻る

トップページに戻る

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー