極私的ゲイ&レズビアン映画館

☆『愛の悪魔〜フランシス・ベイコンの歪んだ肖像』

「絵」本体が無いのが本当に痛い作品

☆『苺とチョコレート』

「喋らなければ、良い映画」なんですね。説教臭くて胸焼けが(--;)

☆『イン&アウト』

非常に捻くれたゲイ・コメディ

☆『永遠の夏』

煮え切らない三角関係の顛末をほったらかしにした侭の駄作

☆『エル・マール〜海と殉教〜』+『パンタロン』

スペイン市民戦争版『永遠の仔』的な文藝作……非常にツボに嵌まりました

☆『王の男』

もう少しで「傑作」と呼べる出来栄えになったのに……惜しい!

☆『オスカー・ワイルド』

19世紀末に咲いた「毒の華」オスカー・ワイルドの半生を綴る力作

☆『カーテンコール』

非常に端正な映画ですし、ラストの舞台は魅せます

☆『キラー・コンドーム』

NYが舞台なのに何故かドイツ語で喋る設定が良い!

☆『キャリントン』

自分が観たゲイ関連の映画の中で一番好きなのがこの映画です

☆『キンキー・ブーツ』

定番の作りこみなんですが、実に熱くて(・∀・)イイ!!

☆『ゴッドandモンスター』

『エド・ウッド』と並ぶホラー映画への「愛」全開。泣けます

☆『コリアン・ランダム〜現代韓国短編集〜』

現代韓国のレズビアン&ゲイ短編集6本のうち3本の感想です

☆『3人のエンジェル』

『プリシラ』とは、及びも付かない駄作でした(涙)

☆『ジェフリー』

豪華キャストにも係わらず、まるで魅力が活かされていない残念作

☆『ショートバス』

7人の男女が織り成す愛と性の賛歌

☆『自梳〜ツー・スゥー〜』

二つばかり大きな欠点がありますが、ラストは大河!

☆『トランスアメリカ』

ロードムービーとしては良く出来ているんですが、結末が弱いなぁ

☆『ドリヴン』

完璧なキャスティングに因って彩られた隠しゲイ映画の快作

☆『ハーヴェイ・ミルク』

自分には、この映画こそが真正の屑映画に思えて為りません。唾棄すべき存在です

☆『バッド・エデュケーション』

ペドロ・アルモドヴァルの原点回帰作にして最高傑作!

☆『パリ、夜は眠らない』

ドラッグ・クイーン達が繰り広げるパーティの光と影

☆『美少年の恋』

秀作でしょう。ダニエル・ウー君が奇麗です

☆『ブロークバック・マウンテン』

2006年度ベスト1候補誕生です\(^o^)/

☆『ブロークンハーツ・クラブ』

友達って良いよね(^^)と素直に思える愛すべき佳作誕生

☆『フローレス』

『蜘蛛女のキス』のウィリアム・ハート様をも凌ぐ名演が光る!

☆『ペダル・ドゥース』

文句無しに楽しい一級品

☆『ヘッド・オン!』

やり場の無い虚しさが良く出ていて痛い映画

☆『ライセンス・トゥ・キル』

7人の受刑者に迫ったゲイ・パッシングの真実。力作です。

☆『ライダウン・ウィズ・ドッグス』

ゲイ向けのゲイムービーです。いや〜楽しい(^^)

☆『ラターデイズ』

久々の銀幕復帰!ジャクリーン・ビセット姐さんの艶女を見よ!

☆『リスキー・ブライド〜狼たちの絆』

これが拾い物の面白さ!バズ役のディーン・ケイン様が素敵(*^_^*)(ポッ)

☆『猥褻行為〜キューバ同性愛者強制収容所』

『ノーボディ・リスンド』に続けてキューバ・カストロ政権の「闇」を暴きます

☆『私の愛情の対象』

実に良く書けた脚本の手本的存在。傑作です

☆『BE_MY_BOY』

まさか此れほどの名作とは思っていなかった!最高峰の一つ

玄関に戻る

ゲイ関連の御屋敷は此方です

管理人の部屋に行く

御手紙は此方まで

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー