(穴)『インサイド・マン』

ニューヨークのマンハッタン信託銀行で強盗事件が発生。頭脳明
晰な犯人グループのリーダーのダルトン・ラッセル(クライブ・
オーウェンさま)は人質全員に自分たちと同じ格好をさせるとい
う陽動作戦を取った為、現場はたちまち膠着状態となってしまう。
現場で交渉に当たっていたフレイジャー(デンゼル・ワシントン
さま)ですら解決の糸口が見つけられずにいた。犯人グループの
ダルトンから「型通り」の要求はあったものの、彼らからは焦り
が全く感じられない…。徐々に追い詰められていくのは包囲して
いる警官隊の方だった。人質と犯人の見分けがつかない以上、突
入作戦も不可能。「犯人たちは相当にキレる奴らだ。でも何かが
おかしい、時間稼ぎをしているのか…」
やがて銀行の会長ケイス(クリストファー・プラマー御大)によ
ってネゴシエイター役に指名された女性弁護士ホワイト(ジョデ
ィ・フォスター御嬢様)が現れ、「事件の根本」が次第に露呈し
ていく。しかしダルトンは一切の交渉にも挑発にも応じない。
そしてついに人質が射殺されるという事態が発生。遂に警官隊は
突入を決意するのでありましたが……。

「盲点を突く」お見事な脚本を担当されたのがラッセル・ジェウィ
ルスさまとアダム・エルバッカーさまの御二人なんですが、何とこ
れが初の映画化作品。今後の活躍が期待されます。
そして、驚いたのはスパイク・リーが監督を務められているんです
が、キャストを、ほぼ全人種対応と言う賑やかさで揃え、作家性も
打ち出しつつ「娯楽作品」としてキレ良く纏め上げているのには驚
きました。メッセージ性の強い映画は作れる人だと思っていたけれ
ども、こうした作品も出来るのねと目から鱗でございます。

この手の映画ですと、どうしても「腑に落ちない」ところが問題に
なるのですが、この映画には計画そのものには全くそれがありませ
ん。全部の伏線は既に張られていて、見終わった後……あっ、そう
だったんだ!と納得が行く親切設計。

役者陣も文句のつけようがありません。デンゼル・ワシントンさまは
脱がなくても凄い肉体をさり気なくアピールしておりますし、警察で
陣頭指揮を執るダリウス警部には、お懐かしやのウィリアム・デフ
ォーさま。そして、過去の影を引きずる「会長」にはクリストファ
ー・プラマー御大。紅一点で変奏曲を奏でるのは、スーツ姿が第二の
皮膚と見まがうばかりに似合うジョディ・フォスター御嬢様。
水も漏らさぬ見事な布陣であります。脚本最高♪音楽最高♪演出は
キレがあり、役者も充実の満腹感。後味もスッキリしていて実に
(・∀・)イイ!!文句のつけようが無い一作で御座いました。

初代「大河浪漫を愛する会」大倉 里司
(2006年6月10日 ワーナーマイカルシネマズ市川妙典にて鑑賞)

「あ」行で、はじまる映画の感想にもどる

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー