最新刊に戻る

月曜瓦版(12月18日分)

祝!20世紀最後を彩る超大型縁戚誕生\(^0^)/

天才少女ADU御嬢様の

FIFTEEN HOURS

日本で一番面白い映画評!映画館主・F様の

DAY-FOR-NIGHT

映画評論の一つの手本!バロック派の巨星ヤマ様の

間借り人の映画日誌

縁戚樹立大慶賀展準備中

祝!ルシアン御嬢様の黒猫亭30000ヒット樹立

祝!Gods and Monsters公開記念特別号は此方です

永久保存版!「映画を読む」記念号は此方です

 


今週は数こそ少ないけれど、中々の壮観ですよん

栄光のトップを飾るのは、「別格」で印象派に組み入れさせて頂きました日記の女王!早苗御嬢様の花曜舎の日記帖が久方ぶりにはじまったからなんです。特に12月12日付けの記述がオススメ。

次も捨て難い……異能の才との縁戚を誇る鳥飼カオル御嬢様のとりぞうのぺーじでも、「鳥蔵放談」に4編追加。「仙台四郎考」、「話し方」、「切ない」、「渋谷」と加わっております。

りんこの宮様の春霞庵では、今回は「読者の観能レビュー」のみの更新。「12月15日 国立能楽堂 定例公演」番組のほうは、大蔵流・狂言の『皸』、宝生流・能の『竹雪』素晴らしかった舞台の様でして、こうした感想を読むと、読んでいるほうも嬉しくなって参ります。

お茶屋御嬢様のチネチッタ高知では、早くも大反響を引き起こしている『バトル・ロワイヤル』と『グリンチ』の二本が「ただいま上映中」に入りました。

cubby holeのかのこ御嬢様の後継者!後期印象派の新星Katze☆御嬢様の風のフィールドでは、猫好きなKatze☆御嬢様の趣味を反映してMONOLOGUEに『猫の足あと』の紹介が入っております。とめの気ままなお部屋のとめ御嬢様にも是非読んで欲しいところ。映画評のほうでは、舞姫!Katze☆の目が光る!『コヨーテ・アグリー』の辛口の評が読ませます。

とめ御嬢様のとめの気ままなお部屋では、『ホワット・ライズ・ビニース』の感想と日記が入りました。この手の映画はネタばらしナシに書くのが難しかったようです。

同じく『ホワット・ライズ・ビニース』の感想と「イースター島のレンタルビデオ屋さん」の写真をアップされたのがMMJのYuki御嬢様。

『ホワット・ライズ・ビニース』に着目されたのは、甲斐よしひろ様も同じ様でして、筋金入りのファンでいらっしゃるCRYの記憶のCRY様は「甲斐よしひろのシネマ・アウトロー日記」の記憶、 第11回『ホワット ライズ ビニース』を追加。そして菜穂美御嬢様の菜穂美の映画の小部屋と縁戚樹立!\(^○^)/

菜穂美御嬢様の菜穂美の映画の小部屋では、いよいよ今週末から公開の『ゴッズ・アンド・モンスター』に向けて余念がありません。その隙間を縫ってCRY様のCRYの記憶、「【映画大好き!】興行通信社」、「ROTTEN TOMATOES」を縁戚追加!映画評では『シャフト!』と『ギャラクシー・クエスト』、『いつまでも二人で』と3本加わりました。そして……「映画『L.A.コンフィデンシャル』と「暗黒のL.A.四部作」を通してジェイムズ・エルロイを語る」が再録と為っております。

補足……現在愛機が日本語打ち込み不可の中『クレイドル・ウィル・ロック』が加わったと菜穂美の映画の小部屋の菜穂美御嬢様から挙がりました。

たみ@ひぐらし御嬢様のひぐらし亭玄関から凄まじい悪意が放たれます……「まつたく季節感とやうものは、この御方には無ひのでせうか?(きつぱり)とマダムも御怒りになつたのが、いけ図々しひ「スィートフェンネル様」憎ひ御姿を見に行く価値は十分にあります。映画評のほうは『オーロラの彼方へ』

20世紀最後の御題は「ハマリモノ2000」を大募集中なのが、トッパ様の少年トッパでして、先日はMMJのYuki御嬢様が表敬訪問されました。

今週のトリ!

まずはUKE様のThe First Timeですね。掲示板がリニューアルし、以前に比べて非常に使いやすい形式になりました。

次にはくろねこ御嬢様のParadaise Cinema,Paradise Bookでして、先週分の取りこぼし分だけで「トリ」になってしまう程なんですよ。(^^ゞ映画評のほうが『バーティカル・リミット』、『オーロラの彼方へ』 、『ペパーミント・キャンディ』、『いつまでも二人で』、『レスリー・ニールセンの2001年宇宙への旅』、『コヨーテ・アグリー』、『哀愁』と計7本。本のほうは黒田研二の『ペルソナ探偵』の1冊。

人魚夫人のようこそ〜銀の人魚の海へ〜も更新が凄まじい。『ラブ・ETC』、『仁義なき戦い・頂上作戦』、『棒の哀しみ』、『夜の蝶』、『シャンヌのパリ、そしてアメリカ』、『シックス・ディ』、『ハーシュ・レルム』、『M/OTHER』、『人魚伝説』、『ファイアー・ボール』、『ウーマン・ラブ・ウーマン』そして、特集にグル・ダット監督特集と並びます。

次いでは、少数ながらも縁戚の水準の高さは、間違い無く5本の指に入るduzz様のduzz songでは、二軒の縁戚が加わりました。kia様の「Kia's Backpackers」そして、もう一軒はらな御嬢様の「Rana's HOME PAGE」でして、どちらも優に80点以上付けられる優れた御屋敷です。それに併せて全縁戚の推薦文を書き直しの偉業!

シューテツ様のKUMONOSも、トップページが大幅刷新。新コーナーとして「再会したい隠れた名画」第一回目はサム・ペキンパーの『ジュニア・ボナー』映画評は、『サン・ピエールの命』。

トップページをクリスマスヴァージョンに替えたのは、古内リコ師匠のLOVE ME DEADLYですが……ハハンと来た貴方は「通」!そうなんです。特別企画『悪魔のサンタクロース』が登場です。

最近、一番面白い映画評を立て続けに出している御二人。みのり御嬢様の楽園計画では、『オーロラの彼方へ』 、『春香伝』 、『チャーリーズ・エンジェル』、実はこれが一番観たい!『灼熱の屋上』と最後を除いては、映画館主・F様のDAY-FOR-NIGHTと作品選定が重なるところも興味深いです。

その映画館主・F様のDAY-FOR-NIGHTでは、「私が子供だったころ」の 「リンゴ・スター」の巻です。映画評は大爆笑編『コヨーテ・アグリー』の民謡モウド(必読!)、『タイタス』(ゲストブックに、大トリ仕掛人!あんの先生の書き込みが!)更に……もう一人の大トリ仕掛人!バロック派の巨星ヤマ様の間借り人の映画日誌と縁戚樹立。

今週の大トリ!なんと5軒!

一軒目は、予告通りマドモワゼル・プリマヴェーラ様のはなざかりの館です。玄関の大リニューアルと、映画感想掲示板「サムシング・エロス」が放った『ダンサー・イン・ザ・ダーク』不満編

二軒目は、30000ヒットを迎えたルシアン御嬢様の黒猫亭でしょう。玄関が模様替えのみならず、黒猫亭ANNEXに「幼稚園サンタ(女の子用)」がアップ。そして黒猫亭事件簿も好調。更に……GOREのラリー師匠御協力のもと映画評に『悪魔の手毬唄(ニュー東映版)』と言うレア物がアップ!そしてもう一本が『キャリー』なんですねぇ(感涙)

第三の男がナイスガイ☆エディ様のNice To Meet Youです。今回はジャンル別ホラーコーナーに「フリークス」、「魔女」、「宗教」、「カニバル」、「監禁」、「少年」とアップ。それにしても区分けが好きな性分だねぇ……。

四天王はSCOTTISH&IRISH−FILM−INDEXでしょう。うわさ話とリンク集の拡充が凄くて全部紹介できませんわ。

『第五の騎手』は、ドミニック・ラピエール&ラリー・コリンズの共著……(^^;;最後を飾るのは天才少女ADU御嬢様のFIFTEEN HOURSで決まりです。クリスマスヴァージョンに模様替え。映画評には『コンフェッション』ともう一本が凄かった……『ハーモニーベイの夜明け』……これは瑞々しい感性が溢れており、堪能致しました。最後に大トリ仕掛人!バロック派の巨星ヤマ様の間借り人の映画日誌と縁戚樹立。

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送