(島)『クレヨンしんちゃん〜嵐を呼ぶジャングル』

『クレヨンしんちゃん』2000年版として製作された本作。99年の『爆発!
温泉わくわく大決戦!』と本年の『嵐を呼ぶ!モーレツ・オトナ帝国の逆襲』
が傑作&名作の為、今ひとつ評価が低いのですが……これだけを抜き出し
て観たら中々の出来栄えですよ。

野原一家とその友人の家族たちは、「アクション仮面洋上特別試写会」ツア
ーに参加していた。子供たちにとっての目玉は「アクション仮面」の特別試写
会であり、大人たちにとっては、優雅な船旅となる筈だったが……。
試写会の最中で、突如サル軍団がシージャックを図り、みさえとひろしを含む
大人達は拉致されてしまう。洋上に遺されたのは子供たちだけ……
しんのすけを始めとする「春日部防衛隊」は、パパママ軍団が拉致された島
に乗り込むのだが……

このプロット……今年の『嵐を呼ぶ!モーレツ・オトナ帝国の逆襲』のネガで
すよ!で……冒頭に出てくる春日部の日常風景は、『爆発!温泉わくわく大
決戦』の続きなんですねぇ!立て続けに続けて観ていると繋ぎが判って面白
いし、芸の細かさを感じます。ひょっとして原 恵一監督は『クレしんサーガ』
として昭和年代記を描こうとしているのか?と言う野心すら感じる程。

で……島を支配しているのは、70年代のヒッピーの生き残りのアフロ・ヘア
をしているパラダイス・キングなんですが、ここでの描写はオウム真理教の影
響を非常に強く受けており、中々怖い話であります。

ただ……今一つ評価が低いのも何となく判るところでして、「ひねりが無い」
んですわ。子供向けだから当たり前じゃないか?と思うのはこのシリーズにし
ては該当しない世界でして、『温泉〜』にしても、『暗黒タマタマ』にしても
『オトナ帝国』にしても一般映画よりも遥かに高いクオリティを維持している
んですよ。脚本の練り方、キャラの出る塩梅は絶妙の配置でして、観るたびに
ぶっ飛んでいるのですが……今回はそれが無い。

あんの師匠が「マイアミ天国のプライベート・ビーチ」にて、『ザ・ビーチ』
と併せて観るのが楽しめるポイントと語っておられましたが、この両作品確か
に似ているんですねぇ(笑)

ラスト・シーンなんて瓜二つじゃないですか……ダニー・ボイルはパクリだっ
たのか?(爆)

自称「カルト部屋御挨拶係」大倉 里司
(2001年5月13日 ビデオにて鑑賞)

BGM:リヒャルト・ワーグナー『ワルキューレの騎行』

「か」行で、はじまる映画の感想にもどる

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー