(花)『舞妓Haaan!!!』

鬼塚公彦(阿部サダヲさま)は東京の食品会社で働く平凡な
サラリーマン。ただひとつ普通じゃないのは、修学旅行で京都
を訪れて以来、熱狂的な舞妓ファンだということ。そんな公彦
に転機が訪れる。念願の京都支社に転勤が決まったのだ!
そうなればあっさりと、同僚OLの彼女・大沢富士子(柴咲コ
ウ御嬢様)を捨てて、意気揚々と京都入り。
死に物狂いで仕事して、お茶屋さんの常連である社長の(伊東
四郎御大)の御紹介で最高峰の壁「一見さんお断り」を強引に
乗り越え、やっとの思いでお茶屋デビュー!だがそこでお茶屋
常連の野球選手・内藤貴一郎(堤真一さま)と出会った公彦
は、内藤に異常な競争心を燃やしていった……。
時を同じくして、東京で公彦に酷いフラれ方をした富士子も
決意した。公彦を見返すため……京都で舞妓を目指すことを…。

映画をある程度観続けていると、ああ、この話はこんな展開に
なれば、こんなオチが付くなぁ……と大概は予想が付くもので
御座いますが、この映画に関しては、全くと言って良い程それ
が通用しません。一寸先はヤミ!上に紹介した物語は単に序章
に過ぎず公彦と貴一郎の血で血を洗う死闘が京の花町で繰り広
げられていくのであります。その過程で歌あり、踊りあり、笑
いあり、涙ありの和製マサラムービーへと展開していくので
あります。今回の映画で最も素晴らしいのは、こんな荒唐無稽
スレスレの脚本を書いた宮藤官九郎さまと、それをテンポ良い
演出で纏めた水田伸生監督、そして顔は全然趣味ではないんで
すが阿部サダヲさまの好演、そして堤真一さま、柴崎コウ御嬢
様、脇を固める小出早織御嬢様、吉行和子姐さん、伊東四郎
御大。そして……何とこの映画が遺作となってしまった植木等
御大も実に良い味を出して京の花町の雰囲気をかもし出して
おります。

観た人から、面白かった!と御墨付きを頂いて期待していった
本作ですが、自分にもピッタリ嵌った120分となりました。

初代「大河浪漫を愛する会」大倉 里司
(2007年6月16日ワーナーマイカルシネマズ市川妙典にて鑑賞)

「ま」行で、はじまる映画の感想にもどる

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー