(願)『香港国際警察』

とある酒場で死んだ目でグラスを傾け泥酔し、路上に倒れこんだ一人の男。
彼がかつて敏腕を誇った香港警察特殊部隊のリーダー。チャン警部(ジャ
ッキー・チェン御大)とは、誰が気づいただろうか……。 

話は一年前に遡る。アジア銀行を襲った武装集団は、人質を利用し大胆に
も意図的に警察へ通報させ、駆けつけたパトカーや警察官たちをゲーム
感覚で撃ちまくり楽しんでいた。この武装集団のリーダーは、ジョーと
名乗る青年(ダニエル・ウーさま)だった。彼らの暴走ぶりにはチャン警部
のみならず観客の怒りも爆発し、チャン警部が彼らのアジトを特定し、
「3時間で事件を解決してみせる」と記者会見を行った。安堵する警察と
我々観客。

チャン警部は特捜部の精鋭9名を引き連れてアジトへと向かった……。
だが、そこに待ち受けていたのは、チャンら香港警察を陥れる残忍な罠
だった。ジョーら犯罪集団の巧妙且つ卑劣な攻撃の前に、一人一人倒され
てゆくチャンの部下たち。チャンはかろうじてその場を生き延びたが、
彼の心の中で、自身を支えていた何かが崩れ去った。殺された部下の中
には、チャンの婚約者ホーイー(チャーリー・ヤン御嬢様)の弟もいたの
だったから尚更である。

路上で泥酔したいたチャンの前に署長から新たな相棒として任命された
と言う"巡査1667"ことシウホン(ニコラス・ツェーさま)が現れた。
シウホンは警官として誇りと希望を失ったチャンに何とか立ち直っても
らおうと懸命に説得し、かつての婚約者ホーイー御嬢様との誕生祝い迄
頼まれもしないのに引き受ける始末。チャンは、最初は鬱陶しく感じて
いたチャンだったが、シウホンが殉職した9名の中の一人の弟だったと
言う事を聞くと、再びチャンと観客の双方の心に炎が舞い上がっていった
のは言うまでも無い。

その一方で、香港警察には犯罪集団の新たな挑戦状が叩きつけられる。
そして今、香港の存亡を賭ける壮絶な戦いが始まろうとしていた……。

これは、紛れも無く現時点でのジャッキー・チェン映画の最高傑作!

簡単にあらすじを書いて行きましたが、実際には本当に精緻なプロットで
して、脚本を書かれたアラン・ユンさまが過去にどんな作品を手掛けて
いたのか不勉強の為存じませんが、何れは聖林からお声が掛かるのでは?
と思える位緻密で良く出来た脚本なんですよ。

まず、自分を含めて観客の殆どが思う点としては、こんなに憎たらしい
犯人グループも珍しい……。一切同情の余地ナシ!早い所死んでくれない
かしらん?と心の中で願いつつも、太陽の下にナメ○ジを置いても図太く
這い回っている位生理的に嫌悪感を覚える程。しかも犯人グループの紅
一点スー(ココ・チャン御嬢様)が重体に陥るや、医者にも見せず射殺
してしまう始末。まあ……邪魔な馬鹿女が一人消えたんで個人的には
スッキリしているんですが\(^o^)/(女嫌いな大暴言!)

さて……ここでちょっと種明かしをすると、何と犯人グループは、全員が
全員資産家の御子息と来ている……まあ……ここ迄観客の反感を買わせる
設定はスゴイ!(笑)

更にチャン警部の元同僚で、裏社会に寝返ってしまったサム刑事(デイブ
・ウォンさま)が何故裏社会に寝返ったのか……これもまた泣ける過去が
ありまして……それを知って更に募る犯人グループへの憎悪の炎♪


出来れば、ここからは映画を観た後で

(極悪犯人グループの心の闇を暴くプロファイリングモード)

 

 

 

 
















犯人グループで唯一「顔」があるジョーは、実は香港警察の大幹部の御子
息と言う設定。チャンとの一騎打ちで……負けてしまったジョーは、一般
観客から観たら「泣かせる」設定に見せていますが、自分的にはそう思っ
ていません。ジョーの立場からすれば、まず父親が憎い。そして…その父
親が属している警察と言う「共同体」が憎くて堪らない。そしてその憎む
理由も漠然としているから、「ゲーム」と言う形式を取らざるを得ないん
です。それに共感して「時計と言うアイコン」を作って群れを為している
んですね。ところが……これは「群れ」であって「共同体」ではありませ
ん!(断言)
「共同体」を維持する為の「目的」が欠如しているのがその理由。だから
両親が来ただけで「群れ」のグループは怯えてバラバラになってしまうん
です。喩えが極端ですが「あさま山荘」で母親が来て説得しましたが、
投降した人間は居りますか?『光の雨』で詳細に描かれてしましたが、
皮肉にも「死の総括」と言う儀式を通して歪んだ「共同体」になってしま
ったからなんです<連合赤軍の場合

話を前に戻すとジョーは、銃弾が入っていない拳銃をSWATの前で抜き
父親の前で射殺されます。これが鍵なんです……最後にして最大の復讐劇。
この侭捕まっても、父親は辞職せざるを得ないのは、彼が死んでも変わり
はありません。ですが、生きて捕まった場合「父親」と顔を合わすのが嫌
ですし、死刑になるのも嫌だと思ったかも知れません。
銃を持っていて……それを警察隊に向けた……と言っても目撃者は警察官
だけしか居ないんです。犯人だとしてもこれはスキャンダルの種になる!
とジョーは企み、それも父親の前で死ぬことで彼に取って甘美なる復讐劇
を成就させたのです。

で……此処で思ったのですが、何故ここ迄、犯人グループを悪辣非道に
描いたのか……??穿った見方なのは先刻承知の上ですが、この映画は
当然のことながら香港から一歩も外に出ることはありません。
これが製作陣が仕掛けた罠だと思っています。何を言いたいかと言えば……

1.犯人グループは全員資産家(それも成金っぽい)の子息。
2.犯人グループには両親は居るが、兄弟姉妹は居ない。つまり一人っ子。


これって中国本土で行った経済施策への強烈な批判では?と感じ取った次第。
現在中国大都市では猛烈な勢いで経済成長が進んでおりますが、
その前に取った施策が「少子化対策」(日本とは逆ね(^^;)
つまり、子供は一人にしなさいって事です。(現在でも施行中かは謎)

猛烈なスピードで進む経済成長。中国本土を五千年に渡って支配してきた
儒教規範も中国共産党に因って破壊され、その後に襲い掛かる情報化と
金融化の波。正直申しまして、現在の中国(そして日本も)の若者がどこ
に向かい何を目指しているのか?
それは、現在の自分には到底計り知れぬ闇の世界か……光の園か?

何時の間にか「闇」の世界に包まれてしまいましたが、そんな闇から光へ
と映画は、鮮やかな転身を見せ銀幕の幕を下ろします。

犯人グループの標的にされ、重傷を負って入院していたホーイー御嬢様を
迎える一団。そして……謎に包まれていたシウホンの正体が明かされた
瞬間。

闇があって、光が差す……世の中侭為らないことがあるけど、それでも
生きていくしか無いんだよ。きっと何時かは良い事があるさ。と過去の
自分が言ったことすら忘れて仕舞ったささやかな「善意」。
言った方は忘れていても、言われた少年は「その言葉」を忘れずに生きて
きた……因果応報の法則は意外にもこんな形で姿を見せていたのですね。
まだまだ人間って捨てたもんじゃない……そんなメッセージを受け取った
気がします。


初代「大河浪漫を愛する会」大倉 里司
(2005年4月20日キネカ大森にて鑑賞)

「は」行で、はじまる映画の感想にもどる

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー