(魁)『さくらん』

お蘭によって吉原の玉菊屋に連れてこられた8歳の少女。
きよ葉と名付けられた彼女は、高級花魁・粧ひに面倒を
見られることになった。玉菊屋から脱走を図り続ける
きよ葉だったが、粧ひに導かれ吉原一の花魁を目指す事
を決意する。やがて17歳となったきよ葉(土屋アンナ
御嬢様)は、美貌と鼻っ柱の強さで一躍江戸中の注目を
集める存在に。そんなきよ葉は、お客として来たうぶな
青年・惣次郎(成宮寛貴さま)と初めての恋に落ちたの
でしたが……。

好き嫌いがハッキリ別れる作品でしょうが、文句のつけ
ようが無いのは、極彩色に彩られた美術。これには完敗
でした。吉原大門のところに金魚が泳いでいる水槽が
備え付けられていると言う発想も斬新。そして、この映
画の為に描かれたであろう襖や屏風も非日常的な「吉原」
と言う空間を演出するのに一役も二役も買っています。
この監督の蜷川実花御嬢様は、写真家と言うこともあり
ビジュアル的なセンスには一歩抜きん出た才気を感じま
す。音楽を担当されているのは、これもまた映画初デビ
ューを飾る椎名林檎御嬢様。アルゼンチン・タンゴ調の
官能的な調べから、独自の歌い廻しへと椎名ワールドを
これまた展開。

此処迄書いていくとお解りの方も多いと思いますが、
この映画は女性スタッフが総力を挙げて撮った遊女の噺。
ですから、これでもかっ!って位に女のドロっとした
肉感があふれ出ていて正直言って胸焼けした程。
ここが好き嫌いの分かれ目になるんでしょうが……自分
としては美術&音楽で満足が行って……物語の運び方に
ぎこちなさを感じてしまったのですねぇ。
かと言って其の侭スンナリと入ってくれるようなヤワな
作品では無いので仕方ないと言えばそうなのですが……。

役者で言えば、きよ葉の最初の客であり、太夫としての
最後の客となった御隠居役の市川左團次御大が短いながら
も圧倒的な存在感を示しております。そして女の業を体現
した高尾太夫の木村佳乃御嬢様が(・∀・)イイ!! ですねぇ。

何度も繰り返しますが、相当に”アク”が強い映画です。
当らぬ様にお気をつけ下さい。

初代「大河浪漫を愛する会」大倉 里司
(2007年2月24日ワーナーマイカルシネマズ市川妙典にて鑑賞)

「さ」行で、はじまる映画の感想にもどる

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー