(毒)『親切なクムジャさん』

天使のような美貌と残忍な手口で世間を騒然とさせた幼児誘拐
事件の犯人クムジャ(イ・ヨンエ御嬢様)は、服役中、誰に対
しても優しい微笑を絶やさなかったことから「親切なクムジャ
さん」と呼ばれるようになる。13年間の服役を終えて出所し
た彼女は、自分を陥れたペク先生(チェ・ミンシクさま)に
復讐するため、かつての囚人仲間に協力を依頼する。ペク先生
により引き離された娘と再会を果たし、ついに彼を手中にいれ
た彼女だったが、本当の復讐はそこからが始まりだった……。

『復讐者に憐れみを』のパク・チャヌク監督復讐シリーズ第3
弾!と言っても『オールド・ボーイ』は未見です(^^;
チラシにあるような「美しい母の切ない思いに心震える、愛と
再生のドラマ」と言うコピーと余りにも美しいイ・ヨンエ御嬢様
の落涙顔で騙されてしまってはイケマセン(笑)
やっぱり正真正銘の「鬼畜映画」です……ハイ(^^;

今回印象に残ったのは、幻想的なシーンがあちらこちらに挿入
されている事と、ブラック過ぎる笑いの部分だったりします。
突き抜けてしまうと案外と笑えてしまうものでして、結構クス
クスと笑ってしまったのでありました。

で……タイトルなんですが……実は、これ正確なタイトルなん
ですね。一歩退いて観れば「小さな親切、大きなお世話」の類
なんですが……やっぱり当人としては親切心でやっているんで
しょうからねぇ……(^^;

冒頭からラストに至るまで「毒」に彩られた映画です。観る人を
選ぶ映画でして、決して人には薦めませんが、自分的には肌に
合うかも(^^;

自称「カルト部屋御挨拶係」大倉 里司
(2005年11月14日 シネマスクエアとうきゅうにて鑑賞)

「さ」行で、はじまる映画の感想にもどる

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー