月刊縁戚なび!第2号

duzz song遂にギブ!復活の日を待つ!

縁戚なび掲示板に戻る

魅惑の日記特集

第二巻

第三巻

 
 
 
 

館内案内

各屋敷一行推薦文

魅惑の日記特集

皆様、新年明けましておめでとうございます。去年は、”週間”月曜瓦版でしたから、タイム・ラグも無くて、程よく良い感じでしたが、とうの昔に松も取れた今となっては間抜け以外の何物でもありません。さて、上にも書きましたが、日記の名手だったduzzさまのduzz Songがギブしてしまい、自分としては一つ楽しみが減ってしまったのですねぇ………そこで、今回の小特集と言うか露払い企画として思い付いたのが魅惑の日記特集!

縁戚関係も裏表合わせて100軒を超え、「掲示板」&「リンク集」という二大アイテムの他に「日記」掲載御殿も数多くあります。ですが……御察しの通り全部に目を通す気力も体力も根気もありません。m(__)mですから……ここに取り上げたのは、更新報告が上がらずとも日々目を通しているもの中心になります。

まずは、不幸にも交通事故に遭われた、くろねこ御嬢様のParadaise Cinema,Paradise Bookからでございます。この模様は1月21日付けの日記に記載(こちらからどうぞ)命には別状無くて何よりで御座いました。今回の更新は、縁戚に「くいしんぼうシネマ」、「「映画がイチバン」の2軒!本の感想が、黒田研二『硝子のマトリョーシカ』、氷室冴子『シンデレラ迷宮』、『レディ・アンをさがして』、貫井徳郎『慟哭』、『誘拐症候群』、『光と影の誘惑』、『転生』、宮部みゆき『天狗風』、恩田陸『MAZE』、乃南アサ『窓』、『引金の履歴』と続きます。その成果が出ているのが「ミステリにまつわる100問の質問」でして、個性が際立っていて面白いです!映画評のほうは、『アメリ』、『恋のからさわぎ』、『フィールド・オブ・ドリームス』、『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』、『バンディッツ』、『シャンプー台のむこうに』、『ムッシュ・カステラの恋』、『モンキーボーン』、『みんなのしあわせ』、『CROSS』と『金色の嘘』、『Dr.Tと女たち』、『イースト/ウェスト・遥かなる祖国』、『NEEDING YOU』、『RAIN』、『ハートブレイカー』と挙がっておりますが、特筆すべきは、『O』ですね。これは、くろねこ御嬢様には珍しく「悲劇」を取り扱ったものなんです。オーギュスト・ルノワールと同じで、映画では「明るい面」しか描こうとしなかったくろねこ御嬢様にとっては珍しい選択ですし、良く書けております。

次いでは、同じく北海道からかのこ御嬢様!遂に書いて頂きました。まあ………詳細は本日の日記を読んで頂ければ分かるのですが\(^0^)/と、生臭い話題はこの位にしてっと(^^ゞ今回の目玉は、かのこ御嬢様、Oさま、そしてあんの師が選んだ「正直に100本選んでみる企画」に尽きます!これは、選考者のコメントのみならず、かのこ御嬢様のコメントも一緒に入っている優れもの!映画評のほうは、『耳に残るは君の歌声』、『アメリ』、『ハーモニーベイの夜明け』、『真夏の夜の夢』の4本です。

現在、当館の玄関は、琳派の棹尾を飾った画家!酒井 抱一さまの作品ですが、これに合わせようとして頂いた玄関が「梅の花」と言う琳派的素材で彩られております。縁戚広しと言えども「琳派」を名乗れるのは、たみ@そのひぐらし御嬢様のひぐらし亭を他に置いて無いでしょう。さて、日記なんですが、ここの体裁は「だらだら出納帖」となっておりまして、十九世紀仏蘭西市民生活を克明に綴った文豪バルザック並の細かさ!余談ですが、バルザックのある本を読んだ公認会計士の方が、最初から最後までの出納簿をチェックしたところ、1スーの乱れもなく収支が合致したと言う記録が残されております。さて、映画が好きには、『アメリ』、『オー・ブラザー!』、 『バニラ・スカイ』、『Star Light』、『スパイキッズ』、『息子の部屋』と追加!そして、2001年度ベスト&ワーストが明らかに……(^^)/~(結構似ていたりする(^^;;)

その『息子の部屋』を大絶賛しておりますのが、元祖!映画日記系サイトの大御所!ゲイ映画感想系HPの帝王!GromitさまのGAY-CINEMA-COMPLEXです。前回に引き続き、今回も日誌(玄関にあるんで一目瞭然(^o^))並びに映画評が順調♪『息子の部屋』、『ドッグ・ショウ!』、『フェリックスとローラ』の3本立てとなっております。

日記編のトリ!

GromitさまのGAY-CINEMA-COMPLEXの他に、自分が毎日のように「日記」を楽しみにしているゲイ・サイト(つまりは裏縁戚(^^;;)が3軒あります。

一つ目は、GさまのG’LILEでして、去年は闘病生活が長引いて思うように更新出来なかったのですが、duzz Songのduzzさまに匹敵する文才ですよ!(断言)特に凄いなぁ………と感動したのは、今年の1月9日付けの日誌でして「う○こ」ねたなんです。が……縁戚広しと言えども「○んこ」ねたでここまで感動させるとしたら、LOVE ME DEADLYのカルト部屋総帥、古内師匠位しか思いつかないんです。是非、食事の時間を外して御一読下さいませ。ホントに”さわやか系”の後味なんです。(^o^)

もう一軒は、Massive Attack変じてMaなんです。広告がうざったいことを除けば(爆)優良御殿でして、ここの日記「日々雑感」が面白く、目の保養にもなるんです(笑)今回は、「ゲイ・サイトにモノ申す」的な御屋敷探訪記が面白い!

そして最後の一軒は、縁戚内のジョージ・クルーニー(^^;;三十郎さまのくろまるでして、ここでは「今日の出来事」を日々チェックしないと一日を迎えた気がしない程の中毒性があります。殊にこの3日間の日記は読めば読む程に味わいがあり、その文体と表現方法は取立人さまの大夜逃げ学をも彷彿とさせるもの。今回は『アメリ』 、『みんなのしあわせ』、『アトランティス/失われた帝国』の3本となっております。(^^)/~

第二巻

まずは、ここから御覧頂きましょうか?海賊版(?)TOY人形(それにしては良く出来ています)こねりぃ君の部屋を御開帳したのは、ルシアン御嬢様の黒猫亭。そしてひねくれ映画感想文には、『ハリー・ポッターと賢者の石』、懐かし目の『グリース』、そして『トゥルー・クライム』、『ザ・ブルード 怒りのメタファー』、『ベルベット・ゴールドマイン』の立て続け5本となりました。そして、「黒猫亭事件簿」が年末年始の模様を一日毎に綴っていて中々(^o^)

こねりぃ君も渋いのですが、いぶし銀のような光を放っている智将Hawkeye大尉さまのHawkeye大尉の野戦病院では……な、何と!人魚夫人のようこそ〜銀の人魚の海へ〜と縁戚樹立\(^0^)/そして、CROSS−OF−IRONの掲示板で健筆を振るわれているATFさまのATFの戦争映画観戦記とも縁戚樹立!先日、なび調査の為に初訪問したのですが、余りの凄さにのけぞりました!神宮寺表参道映画館館主の神宮寺 誠さまには、是非一度足を運んで頂きたい御殿です。ここまで揃っていたら、コージさまの漆黒のナゴミと共に縁戚樹立を図りたいところです。そして、REVERBERATIONのJkaさま、Real Worldのbillyさまも必読なのが、「Hawkeyeの映画落書帳」の『アリーMyラブ』でして、実に丹念そして、御仕事柄の裏付けがある御言葉として貴重です。

その、人魚夫人のようこそ〜銀の人魚の海へ〜ですが、映画評として『バンデッツ』、『ハートブレイカー』、罵詈雑言モードの『冷静と情熱の間に』、『息子の部屋』、『フロム・ヘル』、『トンネル』、『フォルテ』、『オーシャンズ11』と渋めのラインナップ!そして、縁戚にはバロック派の女王!間借り人の映画日誌の帝王!ヤマさますら映画評を心待ちにしている帳場の山下さん、映画観てたら首が曲がっちゃいましたと縁戚樹立です。

と………ここで山下御殿の帳場の山下さん、映画観てたら首が曲がっちゃいましたに行っても良いのですが、その前に………と切り出して「02’○○コレクション♪」となるんですが<『出没!アド街ック天国』(テレビ東京系の番組なんで知らないかも(^^;;)

渋谷区松涛地区からは、「映画の中の恋愛」を追求する………スーダラさまコレクション!シネマの孤独では、『アメリ』『フェリックスとローラ』と言うスーダラさまならではの珠玉の2本立て!殊に『アメリ』は赤いんです(^^;;

ここは、日本を代表するオフィス街……(中略)…本日は、丸の内1丁目から3丁目にスポットを当てて紹介していきます。と……言うことで本日の特集は丸の内】(と……ここでベスト30から21位までの紹介がはじまる)丸の内ベスト3は……第3位「2001年ベスト5+1」そして2位!『バニラスカイ』……そして第1位はこれです!「丸の内OLの独り言」のリニューアル!バブル経済の崩壊と共に丸の内の環境や住人の移り変わりを淡々を描いておりますが、この筆致は「詫び」が感じられますと言うことで、ようこの局さまのCamela con Vistaからでした。

時間が無いんで本日はここまでm(__)m

第三巻

今にはじまったことじゃないんですが、どことなくどんよりした気分(早い話が軽い鬱状態)の日でして、つい先程までは、今晩は作業を中断しようかなぁ……どうせ50人位しか見てくれて無いし(涙)と思っていたんですね。(^^;;と・こ・ろ・が・飛んでも無いものを見てしまったのです(笑)これは紹介せずには死ねない!(焔)と燃え上がるゲンキンな性格!LOVE ME DEADLYのカルト部屋総帥、古内師匠の薫陶を受け、遂に大輪の華を咲かせる時がやって参りました!総制作時間5時間!世紀の超大作『ロボ vs トカゲ星人』を世に放ったのは、トウキョウ・ポリマーのマサヒロさま!今晩の「なび」が読めるのもマサヒロさまのおかげです♪ハイッ♪去年、Camela con Vistaのようこの局さまが紹介なさった「所謂、乳首強盗♪」以来の爆笑モードです。所謂、映画レビューのほうは、『スコア』(スコラじゃだめ?(^^;;)、『ロンドンドッグス』(新手のSM倶楽部(^^;;)『メトロポリス』(何だか風俗店の看板で全部抜けるなぁ(^^ゞ)『アヴァロン』(これは……以下自粛)そして、「映画好きへの100の質問」が加わりました♪

そして真打ち!古内師匠のLOVE ME DEADLYでわ、新コーナー「夜霧にむせぶ日本映画劇場(げほげほっ!)」が誕生!第1回は、『初春狸御殿』『狂わせたいの』の強力2本立て!

次も強力です!第三の評論を目指す女帝!Writer in the Darkのしーほーくさまが放つのは、「Prose VOL.15『ドラえもん』のもっとも危険な欲望」でして、一読しても難解な為、意味が良く通らない方の為に、掲示板にてくろまるの三十郎さまが注釈をつけております。発言No157を御参照下さいませ。あと……今まで漆黒の闇に覆われていた館内に高原の緑が加わりました。

第三夜の大トリ!

段々と大トリが多くなる気がするんですが………一ヶ月溜めていればそうなるか(^^;;

まず第一弾は、遂に巨大御殿へと変貌した神宮寺 誠さまの神宮寺表参道映画館(大門)でして、ここを入り口に3つの御屋敷に分離しました。まず、以前から分離していた「はらショー!サーシャ」の他に、二大コンテンツだったうちの一つ「ジャニーズ美少年系」を「合羽坂少年探偵団」に移転。ここで主に取り上げるのは「神宮寺表参道映画館」と言うことになります。前回に引き続き、今回の更新も目が廻りそうです。円谷特集としては『宇宙大戦争』、『緯度0大作戦』、『ガス人間第1号』(名作!)、『美女と液体人間』、『マタンゴ』、『大冒険』、『大盗賊』、『加藤隼戦闘隊』、『孫悟空(前・後編)』、『乱菊物語』、『白夫人の妖恋』、『ゲンと不動明王』、『ゼロファイター・大空戦』、14日にラピュタ阿佐ヶ谷で行われた「佐藤允さんトークショー」採録(良く纏めましたねぇ……)、岡本喜八特集の第1弾では、『結婚のすべて』、『赤毛』、『血と砂』、『独立愚連隊西へ』、『独立愚連隊』、『座頭市と用心棒』、『どぶ鼠作戦』、『暗黒街の対決』、『江分利満氏の優雅な生活』と続きます。日本映画以外では、『スパイゲーム』とウズベクスタン発のSF映画『UFO少年アブドラジャン』の2本です。更に!平成のネット映画伝道師!映画館主・F様の御屋敷DAY-FOR-NIGHTと縁戚樹立\(^0^)/

 

過去ログは此方ですm(__)m


各屋敷一行推薦文

映画関連の縁戚

それ以外の縁戚


映画関連の縁戚

新着(^^)

1.標準派(一番偏りが無く、ここを基準にすると全御屋敷の映画評が見通せます)

菜穂美の映画の小部屋映画関連の御屋敷の登龍門たるリンク集は圧巻!余程でないと体良く追い返されます(^^;;バランスの取れた評も魅力の一つ。

風のフィールド舞姫Katze☆御嬢様による清楚な御屋敷。意外にも化けたのは「ダンス映画部屋」地の利を生かした御屋敷作りが魅力。この度、バランスが取れた評を評価して、後期印象派から標準派に移動しました。

2.前期印象派(基本的に好きなものしか書きません。読者にとって一番安心して読めます)(ルノワール、モネ、ピサロ)

 

Paradaise Cinema,Paradise Book前期印象派の女王!くろねこ御嬢様による、本と映画の統合と言う視点がありそうで無かった優れた御屋敷。更新度は縁戚中No.1

雪實之館旅行記と書籍がメインになりつつありますが、お気に入り映画を観直す方ですので、此方に致しました。ハート・ウォーミング系の映画にお強いです。

夢珠るうむ映画評では、まずケナシは入りませんが、ビデオ評だとかなり辛辣になるのが面白い。基本的に長所を汲み取ろうと努力する方ですし、更新度合いの速さは屈指でしょう。

ATTRACTION ZOOYou!TAROHさまによる「映画&熊」関係の御屋敷です。中にはゲイ関連の記述があります……云々とありますが、当館の利用者ならば軽いものでしょう。(笑)ことに熊さん系映画人の紹介は充実。(リック・ベッソンさま、ラッセル・クロウさま、デビッド・モースさま)ホッと一息つきたい方に御勧めの前期印象派の御屋敷です。

3.素朴派(どこはかとなく漂うユーモラス型)(アンリ・ルソー)

チネチッタ高知その名の通り高知密着型の御屋敷ですが、対談などの編集技術ではピカ1でしょう。まだ、本格的ブレイクはしていないのが惜しい!

4.象徴主義派(内面との対話型。文章は詩的にて繊細。誰が書いたかが直ぐに判ります)(ルドン、ギュスタヴ・モロー)

シネマの孤独「映画の中の恋愛」を知りたければ此方にどうぞ。3行読めばスーダラ印が付いている象徴主義派の巨匠。

KUMONOSシューテツ様による”30年間の映画鑑賞記録”が今明らかに!「国宝級」の御屋敷です。映画評も良いけれども、真価は「言いたい放題」と題した思索の結果の随筆集。

ひぐらし亭ニチェボ様の正統的後継者が、ひぐらし御嬢様。継承しつつも、独自の路線を歩みつつあります。主観的ではありますが、時として一刀両断型の切れ味を見せます。

Nice To Meet Youホラー映画+ゲイ映画+サウスパークと言う関連性の無さも魅力の一つ。殊に長編感想を読むと「象徴主義」だなぁ……と感じますね。言わば新派ですか。

5.バロック派(感情よりも理性型。分析に関しては他派の追従を許しません)(ベラスケス、ルーベンス、レンブラント)

間借り人の映画日誌分析の鋭さ、簡潔ながらも的確な表現では屈指の存在。天才、杉山宣一に唯一拮抗出来るのは巨星ヤマ様のみ。政治学を専攻しただけありまして、その方面との対比も面白い。

帳場の山下さん、映画観てたら首が曲がっちゃいましたこの方の映画評は、映画を観るまで読んではイケマセン。全部書いてます(笑)が……それもあって痒いところに手が届く書き込みは貴重。

非合法員に花束を春桜亭円紫師匠とは、ダテじゃなかった!杉山様と似て物語構造の分析、過去の作品との対比論は実に鋭く読ませます。

D坂髑髏亭ここの凄みは、BBSにあります。深くて広い闇の世界。御亭主のBD6様、奥方のTAO御嬢様をはじめ、集まるところには集まるんですねぇ。デビッド・リンチ、アトム・エゴヤンの両作品の分析では他の追従を許さないものがあります。

神宮寺表参道映画館神宮寺 誠さまの今年の3月にオープンしたばかりの御屋敷。一応当館もゲイサイトですが、ここも一見ゲイサイトらしくありません(笑)「V6コーナー」をはじめ、ジャニーズ系美少年の部屋はありますが……まず、「名画座」のラインナップと「封切り館」の映画評を読んでひっくり返った程なんです。邦画中心の珍しい御屋敷ですし(ゲイ・サイトには皆無です)映画評を読んでいても、実に歯切れが良くサクサク・バッサリと「映画ファン」の眼で斬っております。玄関の警告なんか無視して中に入って下さい。このペースだと間違いなく発展する御屋敷と認定致しました。

心に残った映画のはなしbellet御嬢様による一見ごく普通の御屋敷。ですが……中に入るとバリバリのバロック様式の映画評が連なります(笑)一読して縁戚内定……というのは、バロック派の巨星間借り人の映画日誌のヤマさま→新古典派のCamela con Vistaのようこの局さま→新古典派切っての理論家、千花書記長のTout Va Bien!-万事快調-→狩野派の女王たぬ座主の犀の山→国宝級の御屋敷シューテツさまのKUMONOS→象徴主義派の巨匠スーダラさまのシネマの孤独と廻り続け、今迄かつてこれほど迄に縁戚選球眼が良い人は見たことがありません。一種の天才かもしれないなぁ……と喜びを隠し切れません。(^^;;映画評のみならず、縁戚の紹介文、区分け共にネット歴が浅いとは俄かに信じられない程のスジの良さ!強く推薦致します。

6.ロココ派(絢爛豪華……爛熟の香り)(フラゴナール、ブーシェ)

マダム・エリナ様の帝都電能社交界の究極の「奥の院」。時折放たれる映画評と言うよりも強烈なラブ・レターは、その気がなくとも引き摺り込まれること間違いナシ。

7.耽美主義派(一番怖い映画評を書くのがここ。グウの音も出さずに斬られています)(クリムト、ビアズリー)

はなざかりの館マドモワゼル・プリマヴェーラ様の書く映画評こそが、「世紀末派」の体現。ホント、スパッと斬りますよん。耽美系の映画だったら、ここが最強でしょう。

GAY PASSAGEマドモワゼル・プリマヴェーラ様に鋭利な美意識で拮抗できるのは、HODGE様しか居ないかも知れません。純粋に言うと映画評は少ないのですが、ここだろうと思い編入しました。

発信盤博識溢れる映画評で「新古典派」に入れたのですが、つよし様御本人の要望により此方に編入。映画評よりも演劇評が圧巻なんですね。(BBSのみ稼動)

8.官展派(アカデミックな映画評を書くのがここ。一番バロック派に近い)(ドラローシュ)

Writer in the Darkしーほーくさまによる「実践哲学的」な御屋敷。映画評も社会学的考察に満ちたものが多く、各種市民運動系御屋敷とも連動を図られている御様子。

英仏海峡映画私信黄昏の倫敦在住だった矢田部さまの御屋敷。英国在住だったから英国贔屓かといえば、その逆で仏蘭西贔屓。特に美少女関連の映画には御強いです。(祝!御引越!)

ようこそ〜銀の人魚の海へ〜 人魚夫人によるアカデミックな御屋敷。フィルム・センター等普段は目に留めないところでの鑑賞にも熱心で、一番オオッと思う作品を紹介して頂けるのが嬉しい。

9.ロマン派(熱情に溢れる文体が特徴)(ドラクロワ、ジェリコー)

黒猫亭本人は、御自分のことを謙遜しておられますが、飛んでも無い話でして……「黒猫亭事件簿」や映画評を読むと、如何に「自分」を確立してシャープな眼で物事を斬っているかに驚かされます。能ある鷹は爪を隠すでしょう。

とめの気ままなお部屋毎日の出来事が記載された日記のマメさには脱帽。映画評も段々と纏まりを見せ安心して読める御屋敷になりました。猫好きの方は必見の御屋敷です。

少年トッパ音楽(主にJ−POP&J−ロック)映画、書籍と実に多彩なトッパ様の殿堂。BBSはトッパ様静養の為、「一見さん」だけにはレスが付く形となりました。(^^)

CRYの記憶他の部屋は短文志向♪ただ、ライブ関連では、他の追従を一切許さない熱気と興奮が伝わってきます。因って、自分は甲斐さんのライブが楽しみなんです。(^^;;

10.新古典派(映画はあくまで入り口。関心を次から次に広げ、史実重視型)(ダビッド、アングル)

FIFTEEN HOURS天才少女ADU御嬢様の大伽藍です。一本一本へ真摯な向き合い方、しなやかな感受性と語学力を活かした資料調査もさる事ながら、その整理の手腕は天才的と言っても過言では無いでしょう。

Hawkeye大尉の野戦病院日本で唯一の二世部隊(442歩兵連隊&100大隊)の専門館でありますが、映画雑記帳では、戦後音楽史と絡めた映画評が読め、リアルタイムで接してきただけありまして、苦みが程よく混じった香りが致します。

Tout Va Bien!-万事快調-千花書記長によるUK発の最新映画事情を知りたければ此方に。掲示板は才人揃い。社会科学的見地からバッサリと斬る長編感想はいつも楽しみ。

Theater5418佐緒御嬢様運営の「映画を通して女の生き方を探る」御屋敷です。スケールで言えば、これよりも遥かに凄い御屋敷は沢山あります。ですが……此処くらい「嵌まった=ツボ」を刺激してくれる御屋敷は今迄かつて見たことがありません!!!!!!Yuki御嬢様のMMJ経由で知りまして、あまりの構成ぶりに、思わず仰天してしまったのですよ。映画の視点も「違い」はあるけど、その「違い」が逆に「誠実さ」をもって伝わってきます。伊勢神宮級(祭神=天照大御神(^^ゞ)の大伽藍です!(新古典派)

11.狩野派(長文で、しかも……だれずに読ませる!極めて貴重な存在)(狩野永徳、探幽、芳崖)

犀の山才知迸ることでは、他の追従を許さないたぬ御嬢様の「本」と「映画」の御屋敷。今のところ「本」が優勢ですが……たぬ様が嵌まった映画の文章を書いたときが、怒涛の長文になります。そして、論争をしたら彼女に勝てる人間は縁戚の中でも皆無かも(^^ゞ

LOVE ME DEADLYカルト部屋総帥、古内師匠の館。どんな「クズ映画」にも、嫌味が無い限り愛を注ぎ込み、良くこれだけ書けるものだと感動してしまう筆力!真似しようったって、出来る芸当ではありません。毎回更新の度に玄関が美麗に変わるので、それもお楽しみの一つ。

GORE日本の「ヘンな文化」を扱った御屋敷。博識ではREM叔父様と互角でしょう。ネット上では余り長い文章を書かれませんが、一回書き始めると長文になりますので此方に編入。

DAY-FOR-NIGHT平成のネット映画伝道師!映画館主・F様の御屋敷。日本で一番面白い映画評を書く御屋敷だと個人的にそう思っていますし、これに並ぶものがあれば教えて頂きたい位です。全部水準以上の出来栄えなんですが……時折、5本に一本程度「気合」を入れた評があり、それを嗅ぎ分けるのが瓦版製作の喜びの一つ。

11.百科事典派(情報量では負けません)

東宝特撮映画ポスター館昔の日本映画を数多く観ているのは流石。英語版のページも出来たので、ゲストブックには、海外からの御客様もチラホラ。(^^)

CROSS−OF−IRON新世紀を迎えて御結婚なさったbouze様の戦争映画館、質、量、人脈共に日本有数のもの。月に1度戦争映画のレビューが募集され、昇進していく仕組です。

SCOTTISH&IRISH−FILM−INDEXその名の通りケルト文化圏映画最強のデーターベース。玄関の御写真は現在2代目♪

ソチョンのホームページ〜韓国映画とハングル〜知られざる韓国映画の名作&傑作揃いの御屋敷。

映画バカ一代ドットコム映画伝道師・佐藤睦雄さまの御屋敷。広瀬浩二さまの予告編大画報に次いで、「プロ」の方の御屋敷です。情報の速さはとにかく驚異的。映画批評がまだまだ少ないのが難ですが、情報性ならばここがピカ1です。

まぼろし映画館山本案内人の誘導に従って入ると……今は、もう失われてしまった数々の映画館がそこにはあります。大阪地区の映画館の紹介なのですが……仙台編もやってみたくなりました。国宝級の大伽藍シューテツ様のKUMONOS経由で知りまして、即座に縁戚決定です。まず……館内に入って「暗闇に眼をこらして」(duzz songのduzz様作コピー(^^;;)みてください。(その他)

岡山で映画を観よう!!!その名の通り、ほーく様主宰による「岡山で映画を観る」為の御屋敷。まだ作りたてなんで、だいぶ増築が必要ではありますが……ザッと観たところ土台は悪くないし、幾らでも「化ける」可能性を秘めている御屋敷です。(その他)

12.それ以外の映画関係の御屋敷

インドネシア映画坂下信之様のお知り合いの方が書かれた論文を纏めております。

ガラクタ風雲常に第一線で活躍されている「草分け」よしだまさし様の御屋敷。日記の量、質共に圧巻

ネタふり亭日記演劇評を中心に、映画、音楽、書籍、美術とほぼ全てを網羅している曼荼羅的御殿

Sky Burial一番良くネット廻りをしている御方ではないでしょうか?時折大掛かりな更新を仕掛けます。

ばかの風上「くだらないこと」に本気で取り組む男の美学。

大衆娯楽映画の世界「濃さ」では10本の指に入る御屋敷。コロコロと興味の対象が変わるのが…(^^ゞ

それ以外の縁戚

かなの Les Quatre Saisons on the Earth仏蘭西からは「石鹸」の御屋敷。掲示板にいくとその話題が多数ありまして、毎度目を見開かされますが、それ以外の視点も鋭いですよん。

よごれ鬼才トシユキンさまによるアングラ系の御屋敷。メイン・コンテンツはダイエットの御部屋だそうで、日々の減量記録がアップされる予定。健康関連グッズの紹介もあり内容的には「さわやか」なんですが、背景を含め毒気が漂うところが魅惑的です。(お引越し)

3丁目通り愛犬「モモちゃん」と人付合いの良さに引き寄せられてくる客人多数。日記の更新が滞っているのが惜しい!勢いがあって読ませるんですよ<日記

春霞庵サーバーを移転され、掲示板が外れました……一般にも「能楽」&「狂言」を広めようとしている非常に志が高い御屋敷です。

災害掲示板いろいろな御屋敷を観て参りましたが、ここが一番総合防災サイトして優れています。

かるま堂ありとあらゆる「毒」の殿堂。掲示板が新規リニューアル。

館内への案内

リンク集入り口は此方です

通常のリンク集(テキストベース-淑女編)は此方です

通常のリンク集(テキストベース−殿方編)は此方です

プロバイダー別縁戚一覧

サーバーダウン時の掲示板入り口は此方です

厳選素材集&美術館の部屋開設!

私撰!映画関連の御屋敷部屋開設!

玄関に戻る

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー